コンサルタント転職のこぼれ話
ビジネスリーダーにおすすめしたい「リベラルアーツ」

キャリアコンサルタント 永田 憲章

ビジネスリーダーにおすすめしたい「リベラルアーツ」

ビジネスシーンで、リベラルアーツが語られる機会が増えている
 
グローバル企業の変革を推進するポジションをご支援していたときのこと。企業より、採用する人材について、「『芸術・美術などの一般教養』を理解・勉強しておいてほしい」という話がありました。いわゆる「リベラルアーツ」です。採用ポジションに関する知識より先に、リベラルアーツが挙がったことが印象的でした。
 
さらに、コンサルティングファームとの打ち合わせにおいても、「サービスのR&Dに、リベラルアーツの要素を取り入れている」という話がありました。
 
一見すると、リベラルアーツとビジネスは遠く感じますが、今後、企業の変革・イノベーションにおいて、リベラルアーツはますます重要になってくるのではないでしょうか。
 
ビジネスにおいて、なぜリベラルアーツが重要なのでしょうか。その理由が非常によく分かる書籍があります。『自由になるための技術 リベラルアーツ』(山口周 著)です。私は山口氏の書籍が大好きで、以前にもこのブログで別の書籍を取り上げたことがあります。
 
 
『自由になるための技術 リベラルアーツ』から学べること

『自由になるための技術 リベラルアーツ』は、企業の変革を推進する方、イノベーションに携わる方はもちろん、これからの時代を生きるビジネスリーダーの必読の書といえます。
 
本書によれば、リベラルアーツを学ぶと以下のようなことが得られます。
 
・人間そのものや、自分が大切にしていることを理解でき、意思決定や決断の礎になる
・新しいものを生み出し、関わる人々とより良い関係を築ける
・VUCA時代の生き方、グローバルでのビジネス手法など、様々な場面でヒントになる

(上記はほんの一部です)
 
さらに、リベラルアーツを学ぶための実践的なアドバイスも書かれています。
 
特に印象に残っている章は、禅に関する章(平井正修氏と山口氏の対談)です。
実は私自身、数年前にふとしたきっかけで禅に興味を持ち、理解を深めていきました。その結果、仕事に非常に良い影響が出ており、リベラルアーツが仕事に有益であることを肌で感じています。
 
また、知の巨匠達の広範かつ深い知識に裏付けられたディスカッションが純粋に面白いです。BCGやコーン・フェリー出身の山口氏が、コンサルティングワークにリベラルアーツを役立てた事例も書かれています。コンサルタントの方には、ぜひ読んでいただきたい書籍です。
 
興味をもたれた方は、『自由になるための技術 リベラルアーツ』をご覧いただき、リベラルアーツの魅力を感じていただけたら幸いです。
AUTHOR
よく見られているバックナンバーBACK NUMBER

30秒で完了 エントリー

CLOSE