「自己実現のプラットフォーム」としてアクセンチュアを活用せよ! 「自己実現のプラットフォーム」としてアクセンチュアを活用せよ!

Vol.11

「自己実現のプラットフォーム」としてアクセンチュアを活用せよ!

アクセンチュア株式会社

取締役会長程 近智氏

自ら手を挙げてやりたい仕事に挑戦できる組織
永田
程社長ご自身のキャリアについておうかがいします。もともと経営戦略部門のご出身だったのですか。
いえ、私が新卒でアクセンチュアに入社した頃は全員プログラマーから始めなければいけない時代だったので、最初はプログラマーでした。当時のアクセンチュアには製造業と小売業のグループしかなかったのですが、その後、新たに金融業のグループを立ち上げることになり、その時に自分から手を挙げて移りました。世の中を動かしているのは金融だと考えたんです。そして金融の世界のトップにいるのはビジネススクール出身の人たちということで、アメリカにMBA留学しました。で、ビジネススクールに行くと、金融もいいけどやはり戦略だなと(笑)。実は一度、私は金融機関へ転職しかけたことがあるんですよ。ある外資系金融機関から内定をもらっていたのですが、当時のアクセンチュアの社長から「新しい部門をつくるから」と誘われて、本当に申し訳ないですが内定を辞退して戦略グループの立ち上げにナンバー2の立場で加わりました。また、以前アクセンチュアが運営していたベンチャーファンドでは、自分からやりたいと手を挙げてセンター長をやりました。このようにアクセンチュアはとてもステージが広く、やれることが多いんです。
永田
程社長ご自身がアクセンチュアのステージの広さを活用し、「自分で手を挙げる」主義を体現しているのですね。
社長に就任したこと以外はだいたい自分で手を挙げたことをやってきました。アクセンチュアはそういった新たな挑戦を大事にしてくれる会社ですし、その社風は今も変わっていません。最近も「インフラのコンサルティング事業を立ち上げたい」という社員がいたので、「じゃあやってみなさい。ただ出世は遅れるかもしれないよ」とゴーサインを出したところ、しっかり成果を出して結果的には他の人たちを一気に追い抜いてしまいました。もちろん我々は上場企業として株主に対して責任があるので「それは会社の外で、第二の名刺を持ってやりなさい」という場合もあります。それでも、アクセンチュアの社内でできることはたくさんあるし、フレキシビリティも高いです。
永田
アクセンチュアに中途入社して成功するのはどんな人ですか。
キャリア意識の高い人です。将来どうなりたいか、あるいは何をやりたいかという展望やビジョンがあって、そこにアクセンチュアというステージをどうフィットさせていこうかと考えている人です。つまり、アクセンチュアを活用しようとしている人です。私は、面接でも「どうやってアクセンチュアを活用しますか」と質問します。また、人との出会いやつながりを大切にする会社なので、そういう関係性をつくれて、かつ楽しめる人がよいでしょう。今日もこれからアクセンチュアのOBが相談に来ます。二度辞めている人なんですが、堂々と社長の私に会いに来る。そんなことは日常茶飯事で、お互いに助け合う精神が根付いているわけです。
永田
アクセンチュアへの評価として、「仕事や成果へのコミットメントが強い」という話をよく聞きます。やはり、そんな資質の持ち主が向いているのかなと感じます。
当社では「あなたのバリューは何か?」とよく問われます。そしてバリューを発揮し、プロジェクトに強くコミットメントして目標を実現していく組織文化があります。そう言うと大変そうだなと思われるかもしれませんが、バリューを出せないのに会社にいてもお互いハッピーになれません。もちろん、約束を守れそうにない状況になったら「助けてください」と周囲に支援を求めることは組織として大事なことです。一人の人間にできることは限られており、仕事の責任は個人だけでなくチームや会社も背負っているのですから。アクセンチュアで最も成功する人は勇気を持って他人に助けを依頼できる人で、そうした場面で周囲の人間が積極的に助けを出す文化もアクセンチュアにはあります。私自身、何度も「助けてくれ」と言い、実際に多くの仲間に助けられてここまで来たのです。誰もがチームワークの可能性を信じ、チャレンジに手加減をしないこのアクセンチュアの環境を大いに活用し、自己実現を遂げたいという方にぜひ来てほしいと思っています。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください