社会課題の解決。政策立案の支援。戦略コンサルタントとして鍛えた力を活かし、国や産業をより良く変えていく。 社会課題の解決。政策立案の支援。戦略コンサルタントとして鍛えた力を活かし、国や産業をより良く変えていく。

Vol.38

社会課題の解決。政策立案の支援。戦略コンサルタントとして鍛えた力を活かし、国や産業をより良く変えていく。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

パートナー羽生田慶介氏

シニアコンサルタント佐藤維亮氏

世界的な総合ファームであるデロイトの一員として、日本市場におけるコンサルティングサービスを担うデロイト トーマツ コンサルティング(DTC)。クライアントの持続的で確実な成長を支援することはもちろん、昨今は社会課題の解決や産業の革新・創造までを担い、社会全体の発展にも貢献しようとしている。その最前線で活躍する、外資系戦略ファーム出身の二人のコンサルタントに、DTCならではの魅力や醍醐味について話をうかがった。
コモディティ化した経営戦略ソリューションでは、もはや日本の産業界は救えない。
入江
デロイトトーマツコンサルティング(DTC)に入社されるまでのお二方のご経歴を教えていただけますか。
羽生田
私は大学卒業後に大手電機メーカーに入社し、経営企画部門で中期経営計画や新規事業の立案に5年間携わりました。その後いったん退職して経済産業省に入省。経産省ではアジア各国とのFTA交渉などの通商政策に3年ほど関わり、再び大手電機メーカーに復職してM&Aの交渉などを1年間担った後、米系の戦略コンサルティングファームに移籍しました。ここでは主に通信・ハイテク業界担当のマネジャーとして新規事業や海外展開の戦略立案やM&Aのデューデリジェンスなどを手がけましたが、考えるところがあってDTCへ。こちらに入社して3年強になります。
佐藤
私は新卒で三井物産に入社し、最初の2年間は法務部で株主総会や取締役会の事務局業務に従事しました。そして金属資源本部に移り、ブラジルでのアルミの開発プロジェクトで現地出資先企業の経営管理を3年ほど担い、その後は石炭のトレーディング業務を担当。その頃、ちょうど30歳を迎えて、もともと私が描いていたビジョンがいまのままでは叶えられないと強く感じ、会社を離れて一橋大学の国際公共政策大学院へ。卒業後は欧州系の戦略コンサルティングファームに入社し、そちらで2年間、自動車会社や総合商社の成長戦略立案などに関わり、1年ほど前にDTCに転職してきました。
入江
お二方がDTCにご入社されたのは、どのような経緯からですか。
羽生田
大手電機メーカーや経済産業省でのキャリアを通して、当時私は日本の製造業に対して強い危機意識を抱くようになりました。中国をはじめとする新興国企業が猛烈に追い上げてくるなか、日本の企業が勝ち抜いていくためには、オペレーショナルな改善ではなく戦略そのものを強くする必要がある。それを果たせるのが戦略コンサルティングファームだと前職を選びました。入社したのがちょうどリーマンショック直後だったのですが、以降さまざまな案件に関わるうちに、日本の産業界が世界で勝ち残るために残された時間を考えると、コモディティ化された経営戦略ソリューションだけでは十分でないと考えるようになりました。これまでコンサルティング業界が提供できなかった新しい経営戦略ツールを編み出す以外に日本の産業界が非連続に良くなることはないと判断し、広範な事業範囲を持つDTCであればそれが可能だと考えてこちらに参画したのです。
佐藤
私はもともと社会に出た時から「国のためになる仕事がしたい」という想いがありました。日本という国が好きで、学生時代は日本史の学者になろうと考えていたこともあります。しかしバブル崩壊後、この国がだんだん凋落していく様を見るのがとても残念で、何とか日本を元気にする仕事ができないかと就職先に選んだのが総合商社でした。しかし、商社で金属ビジネスに携わって感じたのは、やはり一民間企業でできることには限界があるということ。私としては、資源の安定供給を図ることで日本の製造業を支えたいという志で事業に臨んでいましたが、もはや国を巻き込まなければ欧米の資源メジャーや中国・ロシアの国営企業と互角に戦うのは難しいと痛感。しかし、ビジネスの現場では国を上手に使う知恵が欠けていて、民間と国を繋ぐ政策を編み出せる人材が必要だという考えから、大学院に通って政策を学んだのです。そして、自分のアウトプットを最大化できる力を養うべく戦略コンサルティングファームで様々な経験をし、十分足腰を鍛えた上で次のステップを探していたところ、DTCで新組織が立ち上がったという話を聞き、まさに私のやりたかったことが実現できる場だと考えて転職を決めました。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

interview backnumber
バックナンバーを選択してください