日本の未来のために、 真にイノベーションを起こしたい。 だから我々はこの場を選んだ。 日本の未来のために、 真にイノベーションを起こしたい。 だから我々はこの場を選んだ。

Vol.30

日本の未来のために、 真にイノベーションを起こしたい。 だから我々はこの場を選んだ。

トーマツ ベンチャーサポート株式会社

アドバイザリーサービス事業部瀬川 友史氏

経営企画統括森山 大器氏

実に青臭い会社。我々と“ミッション”を共有できる人に参加してほしい。
入江
実際にトーマツ ベンチャーサポートに参加して、いまどのようなお気持ちですか。
森山
当社は「挑戦する人と共に未来を拓く」というミッションステートメントを掲げているのですが、まさにそれを実感する毎日ですね。我々が接するのは、ベンチャーの経営者にせよ、大企業の中にいるアントレプレナーにせよ、新しいことに挑戦したい、世の中を変えたいという気概にあふれた方ばかり。そうしたみなさんと一体となって、泥臭くイノベーションを追求していくのはとてもエキサイティングです。
瀬川
まだ私はこちらに転職して半年にも満たないのですが、毎日ワクワクしています。いま森山さんが言われた通り、自分に関わる人がみな夢を抱いてポジティブなのがとても心地良い。おつきあいしているお客様もそうですし、社内のメンバーたちも、たとえば「日本に新産業を創る」という壮大なテーマであっても、斜に構えて評論家ぶるようなことはなく、どうすれば実現できるかを堂々と議論している。そうした青臭いところが私はとても気に入っていますし、常に前向きでいられる。これからの30代、ここで非常に有意義なキャリアが得られるだろうと確信しています。
森山
当社自身もいま急激に伸びており、「会社を創る」ことに自ら関わっていけるのも面白いですね。この1年で規模が2倍に拡大していますし、ケイパビリティもどんどん広がっており、デロイト トーマツ グループの中での存在感も増しています。
瀬川
私が入社した時にはなかったサービスメニューが、この半年ほどで次々と開発されていますし、また私が面接をして入社したメンバーもすでに二人います。確かに自分たちが当事者としてこのファームを動かしているという実感がありますね。
入江
御社にフィットするのは、どのような人材だとお考えですか。
森山
私も採用に関わっていますが、面接時に最も重視しているのは「我々とミッションを共有できるか」ということです。我々としては、個人の興味のある領域はそれぞれ違っていてもいいと考えています。事実、当社に参画したメンバーの中には、地方創生をやりたいという人もいれば、教育を変えたいという人もいる。多様な人材が重なり合うことでより面白いことができるのであり、我々はそれを“異能の掛け算”と呼んでいます。しかし、それが担保されるのは、より上位の次元で「挑戦する人と共に未来を拓く」というミッションを共有しているから。その方向が一致しない方は、どれだけスキル面で優秀であっても弊社で活躍するのは難しいと思います。
瀬川
確かに当社にはきわめてバラエティ豊かな人材が集っています。前職の経歴で見ても、公認会計士もいればベンチャーのCFOもいますし、大企業で新規事業を立ち上げた人もいる。また、森山さんのような外資系ファームの出身者もいれば、私のような日系シンクタンクの出身者も。背景が異なる人々とチームを組むわけですから、ときには軋轢が生じることもあります。そんな時、自分と異なる思考を受容できるどうか。私の場合も、いまマッチングのためのイベントの企画運営を手がけていますが、前職ではこうしたイベントをさほど重視していなかったのが正直なところ。でも、実際にやってみると大いに価値があるんですね。私にとっては新たな気づきでした。だから、自分の知らない領域を進んで足を踏み入れる姿勢が重要。すると“異能の掛け算”によって自分自身が大きく変わっていく。それも当社でキャリアを積む大きな魅力だと思います。
入江
では最後に、新しいキャリアを探しているコンサルタントの方々へ向けてメッセージをお願いします。
森山
我々がいま挑んでいるのは、どうやってイノベーションを生み出すかという、方法論がまだ確立されていない世界。日本発のイノベーションファームという、まったく新しい事業を創り出そうとしています。挑戦者を支援する以上に我々自身が挑戦者であり続ける。その挑戦に日々試行錯誤を重ねる中で、コンサルタントの方々が培ってきたプロフェッショナリズムとやりぬく力に我々は大いに期待しています。「未来を創る」ことに興味のない人はいらっしゃらないと思いますし、当社ならその醍醐味を存分に堪能できるはずです。
瀬川
私も同感です。コンサルタントの方々は、お客様の目の前の課題にどう応えるか、毎日必死で考えていらっしゃることでしょう。そのこと自体は面白いので、気がつくとあっという間に1年2年と時間が経っている。私もそうでした。でも、コンサルティングを経験する中で高いスキルを養っているのに、ただ第三者的な立場に甘んじてしまうのは、とてももったいない。一度頭を切り替えて、自分が本当にやりたいことを考えてみてはいかがでしょうか。そして、まだ描き切れていない日本の未来のために、本当に成立するのかわからないビジネスモデルにトライしてイノベーションを巻き起こそうという、我々のミッションに共鳴していただけるのなら、ぜひ仲間になっていただきたいと思っています。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください