大きな裁量を持って、戦略実行までドライブする。政府と連携し、グローバルで新たな価値を創り出す。PwCだからこそ果たせるコンサルティングがある。 大きな裁量を持って、戦略実行までドライブする。政府と連携し、グローバルで新たな価値を創り出す。PwCだからこそ果たせるコンサルティングがある。

Vol.29

大きな裁量を持って、戦略実行までドライブする。政府と連携し、グローバルで新たな価値を創り出す。PwCだからこそ果たせるコンサルティングがある。

PwCアドバイザリー合同会社

ディールズ ストラテジー(PwC maval)ヴァイスプレジデント田中 大貴氏

都市ソリューションセンター 副センター長長田 英知氏

PPP・インフラ部門 マネージャー森 厚雄氏

戦略策定をはじめとする多様なコンサルティングと、M&Aなどの高度なディールアドバイザリーの両面からクライアントの課題を解決する、国内最大規模のコンサルティングファームであるプライスウォーターハウスクーパース(PwC)。今回は、自らが望むキャリアを求めてPwCに転職された3名のコンサルタントの方々に、同社ならではの醍醐味などを詳しくうかがった。
たとえば、日本の都市インフラの輸出。世の中に大きなインパクトを及ぼす仕事を。
入江
まずはみなさんがPwCに入社された経緯をお聞かせいただけますか。
田中
私は新卒で戦略コンサルティングファームに入社しましたが、すぐに戦略策定だけでは物足らず、実行寄りの仕事がしたくなり、その後は、実行支援型のファームに転職しました。そうして戦略立案と実行支援の両側を経験し、紆余曲折を経て、“コンサルタントとしてのエッジ”を求めてM&Aに注目しました。M&Aは、いわば“総合格闘技”であり、自身が得てきたスキルを含め、さまざまな能力が求められる領域であり、これからのニーズも高まることは間違いない。これを強みにできれば、これからのコンサルタント人生を長く太く生きられそうだと考えました。そこでM&A戦略に定評のあったマーバルパートナーズに移籍し、その後、マーバルがPwCのネットワークに入ることになって体制は変わったものの、引き続きこちらでキャリアを重ねています。
長田
私はPwCに入社するまで、IBMビジネスコンサルティングサービスや日本ヒューレット・パッカードなどいくつかの企業を経験してきましたが、一貫して都市戦略に関わり、スマートシティの事業化などに取り組んでいました。私が社会に出てから常に意識していたのは「世の中にどんなインパクトを与えられるか」ということ。新たな価値を持つ都市を創り、社会を活性化していくのはまさに私の意に沿う仕事でしたが、そこで培われた知見を海外に横展開しようと図った時、以前に在籍していた企業では、たとえば外国の政府と連携してプロジェクトを進めるのはなかなか難しいのが実情でした。日本の都市は優れた生活インフラを築き上げており、そのノウハウを途上国に展開すれば世の中にさらに大きなインパクトを与えられる。それを推進していくことのできる場として、グローバルで各国の政策立案にも影響力を持つPwCに魅力を覚え、こちらに移籍したのです。
私も長田さんと似たような思いでPwCに参加しました。私はA.T.カーニーに転職し、主に国内のハイテク系企業の戦略策定やM&Aのデューデリ、組織改革などいろんな案件に携わりました。しかし経験を積むにつれて、日本のハイテク系企業が海外で勝ち抜いていくのがなかなか困難な状況であることを痛感させられて……たとえばドイツのシーメンスなどは、国を動かしてトップセールスを巧みに使い、海外の都市にインフラを売り込んでいる。それを日本でもできないかと。前職のファームは企業のお客様の内部の改革が主であり、国の政策に関わるような機会はほとんどありませんでしたので、それが果たせる場所を探していたところ、出会ったのがPwC。私はもともと大学院で国際開発系の勉強をしており、どこかのキャリアで国際開発に資する仕事ができればという思いもありました。いま私が所属するチームには、かつて世界銀行や国際連合に在籍していたメンバーもいて、実際に国際機関と絡む案件も多いです。まさに私の志向にあったファームだと考え、こちらに入社した次第です。
入江
みなさんそれぞれ志を抱いてPwCに参画されたとのことですが、現在はどのような業務に携わっていらっしゃるのですか。
田中
我々のチームは、基本的にテーマによって案件を取捨選択することはせず、経営に関わるテーマであれば戦略立案から実行支援まで何でも手がけています。私の場合、最近は食品会社の案件に深く関わっていて、ひとつのクライアントで複数のプロジェクトを動かすことも珍しくありません。例えば、初めはコスト削減の案件でも、そこから根本的な問題を見出しては顧客に提言し、新しいプロジェクトを立ち上げ、戦略策定やM&Aなど上流のテーマまでサポートさせて頂くこともあります。
入江
田中さんのチームでは、M&Aが絡まない案件も手がけていらっしゃるのですね。
田中
ええ。M&Aが絡まない案件も多く存在しています。ですから、逆にM&Aのディールだけやりたいという方は我々のチームには合わないかもしれません。我々のチームを“M&Aコンサルティング”と捉えるよりも、“M&Aをフックにした経営コンサルティング”だと捉えていただいたほうが正しいかもしれません。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください