コンサルタントから事業会社に転身するのに これほど格好のフィールドはない。 世界最大の小売企業ウォルマートの強さの源泉「ウォルマート・カルチャー」を武器に大変革期の日本の小売業界で勝つ 合同会社西友 荒木 徹氏 濱口 友彰氏

Vol.39

コンサルタントから事業会社に転身するのに これほど格好のフィールドはない。 世界最大の小売企業ウォルマートの強さの源泉「ウォルマート・カルチャー」を武器に大変革期の日本の小売業界で勝つ

合同会社 西友

商品本部 補充事業部 バイス・プレジデント荒木 徹氏

ストラテジー&インテグレーション PMO シニア・ダイレクター濱口 友彰氏

世界NO.1の小売企業であるウォルマートの傘下に入り、近年、好調な業績を上げて日本の流通業界で独自の存在感を放つ西友。同社ではいま、実業志向のコンサルタント出身者が多数活躍している。荒木氏と濱口氏もそうした人材であり、西友の変革を最前線でリードするお二人に同社でキャリアを積む魅力について話をうかがった。
コンサルタント経験を活かせる稀有なオポチュニティが西友にあった。
永田
まずは西友に入社されるまでのお二人の経歴を教えていただけますか。
荒木
私は新卒で外資系のIT企業に入社し、そちらに10年ほど在籍しました。その間、さまざまなプロジェクトに携わりましたが、私にとって契機となったのはある企業のM&AにともなうIT統合案件です。プロマネとして参画し、IT統合のプロジェクト自体はうまくいったものの、M&Aはその企業にとって負担が大きく、事業全体の統合を進めている間に競合が成長し、厳しい経営状況に陥りました。私はあくまで外部企業からクライアントのIT領域の統合を推進する立場にいましたので、事業全体の統合に関する意思決定に関与することができず、非常に後悔が残る仕事でした。そこであらためて経営全体を俯瞰した意思決定に関わることの重要性を強く感じ、そうした経験を積むことが自分の価値を高め、社会に貢献できる力を高めていくことにも繋がると考え、経営コンサルタントへの転身を決意したのです。その後、某コンサルティングファームで戦略立案や、統合、改革推進のプロジェクトなどを数々手がけた後、西友に転職しました。
濱口
私は大学卒業後、民間のシンクタンクに就職し、研究員として3年ほどキャリアを積みました。官公庁の政策に関する調査研究の受託案件に携わり、情報の収集・分析からアウトプット作成までさまざまなスキルを身につけることができ、業務自体はたいへん面白かったのですが、官公庁がクライアントの案件であったため、自分のアウトプットがどう政策に反映され、どう社会に活かされているのかがあまり実感できず、自分の仕事のアウトカムがわからないことに不満を覚えていました。もっとクライアントにとって重要度の高いテーマを担い、成果が目に見える仕事がしたいという思いが募り、それが果たせるのは戦略コンサルティングファームではないかと考えてボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に転職しました。そこでの仕事はまさに私が求めていたもので、クライアントの命運を左右するような経営課題の解決に懸命に取り組み、私自身も大きく成長することができました。そしてそちらに7年半ほど在籍した後、新たなキャリアを求めて西友に移ってきたのです。
永田
お二人がコンサルティングファームから西友に転職されたのはどのような経緯ですか。
荒木
実は前職のコンサルティングファームで、ウォルマートと西友のインターナショナルなインテグレーションプロジェクトに参加する機会がありました。そこで西友の経営層の方々の知遇を得て、『社内に新たに“コーポレートPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)”という組織を立ち上げるので責任者としてリードしてくれないか』というオファーをいただいたのです。当初は転職する気持ちはなく、コンサルの世界でずっと勝負していく心づもりだったのですが、熱心にお誘いをいただくうち、これまで培ってきたスキルを活かして西友の事業、また社会に大きく貢献できることがあるのではないかと転職を考えるようになりました。また、コンサルティングファームは時間や曜日に関係なく猛烈に働くカルチャーでしたが、ちょうどライフステージにおいて、ワークライフバランスを取りながら、家族と一緒に過ごす時間をもっと持ちたいと思っていた時期だったこともあり、「ウォルマート・カルチャー」の基、すべての人を尊重する働き方を奨励する西友であれば、自分らしい働き方ができるのではないかと考え、転職を決意しました。
濱口
私の場合、BCGで仕事自体にはとてもやりがいを感じていたのですが、マネージャーに昇格して自分でアウトプットまで設計して提案できるようになると、もっとクライアント側に寄りたいという気持ちが強くなってきました。良い提言をしても、それを実行するのは当然ながらクライアントです。“他人の褌で相撲を取る”より、自分で意思決定できる場所に身を置きたいと考えたのです。加えて、コンサルティングファームで鍛えられるファクト&ロジックだけでは解決できないところにビジネスの本質があるとも感じていて、それを自ら肌で感じながら仕事をしたいという思いもありました、とはいっても、私はそれまでシンクタンクとコンサルティングファームに在籍していたので実業に携わった経験がまったくなく、いきなり事業会社でビジネスの最前線を担えるほどの知見はない。どうしたものかと迷っていたところ、西友が“コーポレートPMO”という部門で人材を求めていることを知りました。もともと消費者を相手にしたBtoCビジネスが好きで、“消費者”をキーワードにしていこうと考えていましたし、話をうかがうとこのコーポレートPMOはコンサルタント経験をフルに活かしながら実業に入っていける稀有なポジションだということが分かりました。世界NO.1の小売業であるウォルマートのソリューションを日本に持ち込めることにも大きな魅力を感じて、ぜひここで新たなチャレンジをしようと決断しました。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください