コンサルタント出身者にとって、日産自動車ほど力の発揮しがいのあるグローバル企業はないと思う。 コンサルタント出身者にとって、日産自動車ほど力の発揮しがいのあるグローバル企業はないと思う。

Vol.37

コンサルタント出身者にとって、日産自動車ほど力の発揮しがいのあるグローバル企業はないと思う。

日産自動車株式会社

経営戦略本部 経営戦略室 主担首藤繭子氏

組織開発部羽二生紘樹氏

果敢な経営でグローバルに事業を展開する日産自動車では、コンサルタント出身者も多数活躍している。外資系コンサルティングファームから日産自動車に転身したお二人に、ここで得られるキャリアや、入社してあらためて気づいた同社の魅力などについて話をうかがった。
日産自動車は日本の大企業では珍しく、コンサルタントをインハウスで抱えている。
永田
日産自動車にご入社されるまでの経歴を教えていただけますか。
首藤
私は大学卒業後に外資系の投資銀行に入社し、そちらで株式のアナリストを4年間務めました。そして、そちらを離れて2年間、アメリカのビジネススクールに通ってMBAを取得し、その後、米系の戦略コンサルティングファームに3年在籍した後、日産自動車に入社しました。
羽二生
私は日産自動車に転職するまで、新卒で入社した外資系の大手コンサルティングファームに約7年間勤務していました。そちらでは主に業務改善、ITシステム構築、コスト削減などの案件に数々関わり、後半はプロジェクトのリードも務めました。
永田
コンサルタントとしてキャリアを積んだお二方が、日産自動車に転職されたのはどのような経緯なのでしょうか。
首藤
私はもともと、将来的にはグローバルな事業会社でビジネスを担える人材になりたいというビジョンを持っていました。そのためにまず、企業に関わる資金の動きについて理解したいと投資銀行に入社したのですが、株式アナリストというのは外部に公表された数字を基に企業を分析する仕事で、実際に企業の中でどのように意思決定が行われているのか、理解するのは難しい立場でした。そこで経営についてもっと勉強したいと、米国に留学してMBAを取得。そのまま事業会社に進む選択肢もありましたが、その前にビジネススクールで得た知見をもとに、いろんな業種のいろんな経営課題に挑戦してみたいという思いが湧き、米国のコンサルティングファームに入社したのです。さまざまなテーマの戦略コンサルティングを経験し、そろそろ事業会社に移ろうかと考えていたところ、日産自動車にポジションがあるとのことでこちらに転職することを決意しました。
永田
事業会社への移籍をお考えになられた時、おそらく首藤さんのなかで候補となる企業はいくつかあったと思います。その中で日産自動車を選ばれたのはどうしてですか。
首藤
グローバルな外資系企業の日本法人も検討しましたが、やはり日本法人が担うのはオペレーションが中心。グローバルな環境でどう勝ち抜いていくのか、その戦略そのものの立案に関われる機会はまず得られない。ですから、グローバル展開している日本の大手企業を希望していたのですが、自分のような経歴を持つ人間を受け入れてくれる、懐の深い会社があるとは思えませんでした。しかし日産には、幸運にも私のキャリアを活かせるポジションがあった。個人的に一般消費者を相手にするBtoCビジネスに興味がありましたし、さらに自動車業界は非常に競争が激しいので、そこに関わることで新たに学べることも多いのではないかと思ったのです。
永田
羽二生さんは、どのようなお考えで日産自動車に転職されたのですか。
羽二生
私が新卒でコンサルティングファームに入社したのも、実は首藤さんと似たような考えで、将来は経営に携わりたいというビジョンがあり、まずは厳しい環境で自分のキャリアを磨きたいという思いから。しかし、コンサルタントはクライアントに対してアドバイザーとして関わり、特定領域のサポートをするのが役割。実行までの責任は基本的には持たない、あくまで間接的な立場であることに物足りなさを感じ、直接的な立場で会社の将来を長期的に考えた上での企画立案、推進を実施したいと考えました。また、前職は外資系だったものの、クライアントは日本企業、コミュニケーションもほぼ日本語で、グローバルなキャリアを積むには物足りなかった。そこでもっとグローバルな環境に身を置きたいと、次のステージを探していたところ、巡りあったのが日産自動車でした。私は父親が自動車関連業界に携わっていた関係で、かねてから自動車業界には興味がありました。さらに日産は国内大手企業では珍しく、コンサルタントをインハウスで抱えていると知り、ここなら私の今までのキャリアが活かせるのではないかと入社を決めました。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください