2020/11/17

未来を生きる子供達により良いバトンを繋ぐために出来る事とは? 無料オンラインイベント開催!未来を生きる子供達により良いバトンを繋ぐために出来る事とは? セミナー詳細

詳しくはこちら

コンサルタント転職のこぼれ話
若者と仕事ができないといけない時代が来る

キャリアコンサルタント 入江 祥之

若者と仕事ができないといけない時代が来る

先日、戦略ファームで若くしてパートナーになり、長期に渡ってパートナーとして活躍された後にベンチャーキャピタルに転じられた方とお話しさせていただく機会がありました。

その際に戦略ファームのパートナーからベンチャーキャピタルに移られた理由を伺ったところ、その一つに今後は若い人達と一緒に仕事をしていかないといけないと思われたようです。

どういうことかというと、戦略ファームのパートナーは大企業のCEOや役員層でやや年配の方々と仕事をする機会が多く、ご自身が若い時は大変苦労されたようです。そして、歳を取れば取るほど世代が近くなるので、正直なところ、仕事は歳を重ねるにつれて徐々にやりやすくなっていったようです。ただ、最近はテクノロジーの進化が早く、昨今では新規事業やイノベーションを起こしているのは若者達がメインのベンチャーであることも多く、年配者よりも若者達と仕事をしていかないといけないと思うに至ったようです。

弊社の代表は自分への戒めも込めて、弊社のシニアメンバーに対して「おじさん化しないように・・」という話をよくします。私自身の経験としても、クライアントからslackでコミュニケーションを取りたいと言われ、始めはあまりうまく使うことができず恥ずかしい思いをしたことがあります。

100年時代と言われるようになり、70歳、80歳まで働く時代が目の前まで来ています。若者達の方がテクノロジーやトレンドに敏感であり、アンテナも高く、今後はビジネスの中心となる世代が更に若返る可能性が高いです。
歳を取れば取るほど同世代と仕事をする方が楽なので、易きに流れやすくなりますが、意識的に若い世代と接する機会を増やしていくことが今後は大事になってくるかと思います。

この辺りは職務経歴書などでは見えづらいスキルになりますが、今後は非常に重要な観点であり、面接でしっかりヒアリングすれば確実に見極められます

歳を取ると変化対応が難しくなりがちですが、若者達から刺激を受け続け、ビジネス面においても、精神的にも若くあり続けたいものです。

(2020年9月23日)
AUTHOR
よく見られているバックナンバーBACK NUMBER

30秒で完了 エントリー