コンサルタント転職のこぼれ話
2010年から2020年のマーケットの変化について

キャリアコンサルタント 永田 憲章

2010年から2020年のマーケットの変化について

私は、2010年8月に弊社に入社し、2020年7月末をもって勤続10年となりました。
 
未経験でこの業界に飛び込み、最初は戸惑うこともあったものの、日々の出逢いにワクワクしながら無我夢中で走り続けていたら、あっという間に10年が経っていたという感覚です。
 
今回のブログは、私が転職してから現在に至るまでの10年間のマーケットの変化を、いくつかの情報と共に振り返ってみました。
 
-------------------------------------------------------------------------------
●世界時価総額ランキング
 
【2010年】
エクソンモービル、ペトロ・チャイナ、アップル、BHPビリトン、マイクロソフト、インダストリアル・コマーシャル・バンク、チャイナ・コンサルトラクション・バンク、ロイヤル・ダッチ・シェル、ネスレ、チャイナ・モバイル
 
<参照>
https://www.sc.mufg.jp/products/sp/intro201712/index.html#sec04
 
【2020年】
アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、フェースブック、テンセント、アリババグループ、バークシャー・ハサウェイ 、ビザ、ジョンソン&ジョンソン
 
<参照>
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_public_corporations_by_market_capitalization
における”2020年Second quarter”
 
2010年は、初めてアップルがランクインした年でした。ただ、IT企業はそれほど目立ってはいません。その後、約10年が経ち、アップルが首位、上位7社は全てIT企業になっています。
 
コンサルタントの方の転職に関する変化を振り返ってみると、2010年から数年は、IT企業への転職をご希望される方は少なかったですが、現在では、GAFAを始めとするIT企業、あるいはITサービスを提供するスタートアップ・ベンチャーへの転職をご相談いただくことが多いです。
 
-------------------------------------------------------------------------------
●国内スタートアップ資金調達額
 
2010年の国内スタートアップ資金調達額:957億円に対して、2019年:4,350億円と約4.5倍になっています。
 
<参照>
https://initial.inc/enterprise/report/japan-startup-finance-2019h1/
https://www.uzabase.com/jp/news/japan-startup-finance-preliminary-report-2019/
 
スタートアップ・ベンチャーから提示されるオファー金額も以前より高くなってきており、コンサルタントの方の転職先の有力候補となっています。
 
-------------------------------------------------------------------------------
●国内コンサルティングサービス市場
 
2015年の国内コンサルティングサービス市場:6463億円に対して、2019年:8,217億円と約1.27倍になっており、特筆すべき点としてデジタル関連コンサルティングが増加しています。
 
<参照>
https://xtech.nikkei.com/it/atcl/news/14/110601779/060800635/?ST=nnm
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ46448620
 
様々な企業がデジタル化の必要に迫られる中、国内の企業はソフトウェアの内製化があまり進んでおらず、コンサルティングファームの需要が増していることが要因と感じます。
 
ちなみに、私の前職のアクセンチュア社は、2011年度の社員数4,670人に対して、2020年度の社員数14,081人と、9年間で社員数は約3倍になっています。
 
<参照>
https://japan.zdnet.com/article/35151070/
 
更に、募集ポジションも大きく様変わりしており、10年前は見かけなかったポジションが続々と登場しています。
 
デジタル環境の進化により、消費者自身が情報発信を自由に行えるようになり、タッチポイントも増大し、企業が消費者に提供すべき価値が、商品から体験へと変化していることから、顧客体験に着目して課題を解決する「デザインコンサルタント」の募集も増えています。
-------------------------------------------------------------------------------
 
 
情報は以上となりますが、マーケットが大きく変化していることを実感されたのではないでしょうか。
 
ちなみに、2010年の自分が、2020年の今の状況を想像できたかといえば、できなかった訳ですが、では、2030年の状況を想像することができるかというと、同様に難しいです。
 
この10年の変化は、主にテクノロジーの進化によるものと言えますが、今、新型コロナウィルスの影響により、行動様式や価値観ベースで世の中が大きく変わろうとしており、2030年には、更に大きな変化が起きているように思うからです。
 
未来は誰にも分からない。
 
であるならば、変化を楽しみ、興味があること・好きなことをトコトン追求して、未来を作り出す側に回ることができれば、エキサイティングではないでしょうか。
 
様々なものをゼロベースで考えることができる今は、年齢関係なく、誰にもチャンスが広がっています。是非、何か新しいことに取り組んでみていただけたら幸いです。

(2020年8月20日)
AUTHOR
よく見られているバックナンバーBACK NUMBER

30秒で完了 エントリー