コンサルタント転職のこぼれ話
パラレルキャリア(副業、兼業、独立フリーランス)

キャリアコンサルタント 入江 祥之

パラレルキャリア(副業、兼業、独立フリーランス)

パラレルキャリアを調べてみると、これはドラッカーの著書で紹介された言葉らしく、本業を持ちながら第二のキャリアを築くことで、副業との違いは報酬を得ることを目的としないこと、のようです。
 
ただ、今は報酬を得ながら副業、兼業、もしくは独立していくつもの仕事を並行して働いている方も多いので、今回は報酬を得るパラレルキャリアについてお話しさせていただきます
 
最近、本業だけでなく、何足もの草鞋を履いて働いている方がとても多くなりました。優秀な方であれば、引き合いも多く、一つだけではなく、複数の仕事で世の中のお役に立ちたい、と思われるのも自然な流れだと思います
 
具体的には、パッと思いつくだけでも、以下のような事例があります。
 
・経営コンサルタント、兼講師業
・ベンチャー企業のCOO、兼投資会社の役員、兼投資先企業の社長
・自分の会社でアドバイザリー業務、兼ベンチャーの取締役、兼ベンチャーの顧問
・キャリアコンサルタント、兼エンジェル投資家、兼ベンチャーの取締役
・大手IT企業の役員、兼講演業
・一部上場企業の副社長、兼VCの代表
・情報メディア会社の副社長、兼コンサルタント、兼大学の特任教授
 
ざっと見てみると、上記の方々の傾向としては、エッジの効いた専門分野を持ち、更に、人前で話せる、本を執筆できる、という強みを持っている。あと、コンサルバックグラウンドが多いのは、コンサル経験者は専門分野を持ち、話す力と書く力を鍛えられていて、更にいくつもの仕事を並行してこなすことに慣れているからだと思います。
 
また、パラレルキャリアを成功されているケースとしては、現職での評価が非常に高く、退職意思を表明したところ強い慰留があり、業務委託でも良いから週に数日手伝って欲しいと言われたり、現職のクライアント先から、辞めるのであればうちの会社も手伝って欲しいと言われ、最初から安定的な仕事と報酬を確保できるパターンが多いと思います。
 
あとはこの状態をいかに維持できるかどうか。
 
成功している方々は更に引っ張りだこになり、本当にやりたいこと仕事だけを選び続けられる理想的なケースもあれば、最初の数年は順調だったものの、徐々に引き合いが減り、仕事が先細ってしまうケースもあります。
 
ここに関しては、当然ながら、顧客の期待以上の成果を挙げ続け、評判やネットワークで仕事が増えていくかどうか、ということになるかと思います。
 
また、最近ではユニークな求人として、3割程度の工数でもいいので、経営者を任せられる人を探して欲しいというオーダーをいただくこともあります。
 
世の中の流れとしては、今後、益々働き方は多様化していくかと思われますが、会社に依存することなく、どこでも通用するスキルを身につけておくことが何よりもキャリアの安定になるかと思います。また、100年時代となり、中長期的なキャリアを考える際にはパラレルキャリアも一つの選択肢として検討しておくのも良いかと思います。
AUTHOR
よく見られているバックナンバーBACK NUMBER

30秒で完了 エントリー