日本発のプロフェッショナルサービスで、コンサルティングの歴史さえ変えていきたい。 日本発のプロフェッショナルサービスで、コンサルティングの歴史さえ変えていきたい。

Vol.27

日本発のプロフェッショナルサービスで、コンサルティングの歴史さえ変えていきたい。

株式会社フィールドマネージメント

代表取締役並木 裕太氏

経営経験を積む場も提供し、ハイブリッドなコンサルタントを輩出したい。
入江
では、今後ますますの発展が期待されるフィールドマネージメントでは、いまどんな人材を必要とされているのでしょう。
並木
かつての私のように、コンサルティングという仕事は好きだけれども、現状に“不完全燃焼”感を抱いていて、それを払拭したいという気概のある方に参加していただきたいですね。自分の能力に自信があって、たとえば経営者としての経験を積んでみたいという方も大いに歓迎します。才能ある若い人材が、年功序列でやりたいことができないというのは本当に不毛なこと。先に触れた、ベンチャーキャピタルやPEファンドの会社を社内で立ち上げたのも、自ら意思決定して事業を動かす経験をコンサルタントたちに提供するためです。そのような経験をした年月は、コンサルティングばかり手がけるよりも、100倍実りある経験になる。日本においては貴重な存在であるハイブリッドなコンサルタントが養成されることになり、それが結果として日本のコンサルティングを変えていくことにつながっていくのだと私は捉えています。
入江
若いうちから経営経験を積みたいという方にとっても、フィールドマネージメントは格好の場であるということですね。
並木
つい先日も、マッキンゼー時代の後輩が私のもとに訪ねてきたんです。彼も「経営経験を積みたい」とマッキンゼーを離れてネット系の企業に移ったのですが、コンサルタントとして優秀だっただけに、社長室に囲い込まれて社内コンサルのような役割ばかり担わされていた。コンサルタントから事業会社に転職された方のなかには、同じような境遇の人も結構いらっしゃるのではないでしょうか。彼はITに精通していて非常に有能な人材だと考えていましたので、「会社を創るから経営をやらないか」と誘ったんです(笑)。フィールドマネージメントを立ち上げてからいろいろな領域のコンサルティングを一通り手がけてきたものの、システムコンサルの機能はまだ持てていなかったので、それを彼に任せようと。ちょうど、大手エンターテインメント企業のクライアントから、「大規模なCRMのシステムを開発するのでプロジェクトマネジメントをしてくれないか」というオファーをいただいており、システムコンサル専門の新会社を設けて、当面はその案件を手がけながら事業を拡大していくのも面白いと考えたのです。これから参画されるみなさんにも、本当にやりたいことをお持ちなら、それを実現する機会は私のほうでいくらでも用意したいと思っています。
永田
並木さんは、フィールドマネージメントの将来像をどのように描いていらっしゃいますか?
並木
私たちが掲げるコンサルティングのコンセプトは、影響力のある経営者の方々の間に徐々に浸透しつつあります。それをこれからさらに広めて、社会で明確に認知されるようになりたい。たとえば企業の経営が危機的な状況に陥った時に、必ず声がかかるようなコンサルティングファームでありたいですし、そのためにはある程度の規模も必要だと考えています。だからこそ、私たちと同じ言葉で語れるコンサルタントを増やしていきたいのです。私たちのスタイルで大きな成果が上がれば、大手のコンサルティングファームもきっと真似るようになるでしょう。欧米のコンサルティングファームにも影響を与えることになる。日本発のプロフェッショナルサービスが世界のコンサルティング業界にインパクトを与え、これまで欧米主導だったコンサルティングの歴史を変えるかもしれない。「コンサルティングの最先端を行くのはジャパンだ」と世界が認めるような時代を私たちがリードできれば、これ以上エキサイティングなことはありませんね。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください