従来のメソッドではもはや問題は解決できない。腰を据えてじっくり専門性を磨き、業界事情に精通した者が結集して、真に実現性のある解決策を導く。そこにNRIの存在意義がある。 従来のメソッドではもはや問題は解決できない。腰を据えてじっくり専門性を磨き、業界事情に精通した者が結集して、真に実現性のある解決策を導く。そこにNRIの存在意義がある。

Vol.19

従来のメソッドではもはや問題は解決できない。

株式会社野村総合研究所

代表取締役社長此本 臣吾氏

リサーチ業務から端を発し、いまや600名ものコンサルタントを擁し、戦略系のコンサルティングファームとしても国内最大規模を誇る野村総合研究所(NRI)。コンサルティング事業本部を率いる此本氏に、他の外資系戦略ファームとは異なるNRIのスタンスや、ここでキャリアを積む魅力、求める人材などについて話をうかがった。
これまで持て囃されてきたメソッドでは、もはや問題は解決できない。
入江
競合と比較して、NRIのコンサルティングの特長はどこにあるとお考えですか。
此本
私たちは、「NRIならでは」の独自の価値を提供していると自負しています。たとえば従来の戦略ファームでは、フレームワークで経営を考え、フィット&ギャップを分析して、セオリーに則ってトップダウンで組織や意思決定を変えていくのが一般的なメソッドだったかと思います。一方、私たちが重視しているのはボトムアップのアプローチ。コンサルタントがお客様のもとに入り込み、現地現物に触れて、現場が抱える本当の問題を理解した上で解決法を提案していく。お付き合いさせていただいているお客様からは「NRIのコンサルタントは事実確認を手を抜かずにやる」という声をよくいただくのですが、それが当社の特長を如実に表しているように思います。
入江
従来の戦略コンサルティングのメソッドでは、もはやお客様の抱える課題に応えられなくなっているということなのでしょうか。
此本
かつての戦略コンサルティングは、欧米発のフレームワークをベンチマークして、いままでと違う新たな経営のあり方を模索していくものでしたが、それは日本と欧米の間に情報格差があったからこそ成立した手法です。近年は国内の企業でも、MBAを取得して海外の先進的なナレッジに精通する社員が増えており、その価値は相対的に縮小している。同時に、日本企業がグローバルな規模で成長するにつれて、業務や組織は複雑化の一途をたどっています。経営トップがこうあるべきだと大きな方針を打ち出しても、その通りに組織が動かないことも多い。いまや戦略の優劣が企業の優劣につながる時代ではありません。極言すれば、どの企業においても掲げる成長戦略は全て優れたもの。では何が企業の競争力を決するのかと言えば、その戦略をやり切れるかどうかということ。実はここに問題を抱えている企業が非常に多いように見受けられます。
入江
クライアントに真に価値あるソリューションを提供するためには、やはり現場からのアプローチが重要なのですね。
此本
ええ。なぜ企業が戦略を実行しきれないのか、その原因を掘り下げていくと、たとえば組織間に小さな壁があって連携がうまくいかなかったり、あるいは社員一人一人のモチベーションが上がっていなかったり、意外に小さな問題が根源にあることが多いのです。また、ICTがコモディティ化するなど、ビジネスにおけるテクノロジーが絶えず革新されている昨今、過去の経験値は通用せず、その変化に組織が追いついていないケースもあります。それはもはやトップが描く戦略の課題というよりも、実行段階における組織や人の課題です。それを解決していくためには、現場に入り込んで事実を突き詰め、そこに潜んでいる問題を詳らかにして、現場に即した策を編み出していかなければなりません。
入江
そうした姿勢が、「事実確認を手を抜かずにやる」というお客様からの評価に結びついているのですね。
此本
時間がないからといって、通り一遍のヒアリングをして分析し、プロジェクトオーナーの先方の役員が期待しそうな答えを報告したところで、現場から距離のあるトップマネジメントは納得させられるかもしれませんが、実際に現場で苦労されている方々からは『そんなことは重々承知している』と見向きもされません。私たちが提供するソリューションは、絵に描いた餅ではなく、必ず問題が解けることを担保した、実現性のあるものでなければならない。それが大前提であり、私たちはお客様からの期待を決して裏切りたくはないのです。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください