「自己実現のプラットフォーム」としてアクセンチュアを活用せよ! 「自己実現のプラットフォーム」としてアクセンチュアを活用せよ!

Vol.11

「自己実現のプラットフォーム」としてアクセンチュアを活用せよ!

アクセンチュア株式会社

取締役会長程 近智氏

実践のなかで検証された知見を生み出す
永田
他のコンサルティングファームから転職し、アクセンチュアで働く魅力としてはどんなことが考えられますか。
繰り返しになりますが、戦略や計画を策定し、それを提案するだけではなく、自らその実現に携わり、実践で検証された知見を生み出していけることです。戦略立案だけをやっている人にはそこが魅力でしょうし、現場のコンサルティングを担当している人がもっと上流の仕事をしたいと思えばそれもできます。アクセンチュアはいわば非常に広大なキャリアのステージのようなもので、プレイヤーが輝ける場所がたくさんあります。スキルアップのためのトレーニングプログラムも充実していますし、お客様やOBの人的ネットワークも広い。そうした豊富な資源を社員にうまく活用してほしいと思います。私はいつも社員に「アクセンチュアを自己実現のプラットフォームとして使ってください」と言っているんです。
永田
もう少し詳しくおうかがいします。まず、他のコンサルティングファームから経営コンサルティング部門に転職する場合の魅力は何でしょうか。
日本の主要企業のお客様の仕事をすることができますし、逆にそうしたお客様を自分で開拓していくことも可能です。他のコンサルティングファームで同じような領域をやっている人にとっては、検証されてきたノウハウをさらに磨くのによい場所だと思います。将来自分で起業を考えている人なら、そのシミュレーションができます。
永田
テクノロジー・サービス部門への転職についてはいかがでしょうか。
アクセンチュアは世界最大級の独立系システムインテグレーターでもあります。つまり、自社ではハードウェアやパッケージソフトウェアを基本的に保有せず、お客様が抱える課題に対して最適なソリューションやシステムを提案し、提供することができます。仮にお客様が「欲しい」と言っても、必要のないものならそう提案します。真のビジネスパートナーとして、客観性を持ってお客様の課題を解決する、という本質的な仕事ができる魅力があります。
永田
アウトソーシング部門についてはいかがですか。
BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の領域はいま、急速に進化しています。一般に、アウトソーシングというとその企業のコア業務でない領域を外注するというイメージがあります。もちろんそうしたプロジェクトも受注しているのですが、たとえば小売企業が発注業務というコア業務の一部をアクセンチュアに依頼する、といった事例も増えています。つまりBPOの高度化が進展しているわけで、このフロンティアの最先端にいるのがアクセンチュアなのです。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください