たとえば公共インフラの民営化を、自ら投資して担う。アドバイザリーを超えて「経営」に力をふるう醍醐味。 たとえば公共インフラの民営化を、自ら投資して担う。アドバイザリーを超えて「経営」に力をふるう醍醐味。

Vol.36

たとえば公共インフラの民営化を、自ら投資して担う。アドバイザリーを超えて「経営」に力をふるう醍醐味。

株式会社 経営共創基盤(IGPI)

パートナー マネージングディレクター岡田 信一郎氏

マネジャー池田 直隆氏

事業と財務の両面に精通し、戦略の立案だけではなく、自ら投資してハンズオンでクライアントの経営にまで関わり、変革を支援している経営共創基盤(IGPI)。最近はコンセッション案件にも注力しており、その最前線で奮闘しているのが岡田氏と池田氏だ。お二人とも以前に大手コンサルティングファームに在籍していた経歴をお持ちだが、なぜIGPIに参画し、いまどんなやりがいを覚えているか、話をうかがった。
インフラに関する投資や経営に携わりたい。その機会がIGPIにあった。
永田
まずはお二方がIGPIに入社されるまでのご経歴を教えていただけますか。
岡田
私はもともと土木の技術者でした。大学院で土木工学を専攻し、卒業後は日本道路公団に入社して高速道路建設の施工管理などに従事しましたが、米国に留学する機会を得てMBAを取得し、その後アクセンチュアに転職しました。アクセンチュアでは戦略グループに所属し、ヘルスケア領域のコンサルティングに携わったものの、やはり私がやりたいのはインフラに関わることだと再び転職を意識するように。当時、道路公団が民営化され、インフラ投資のマーケットがこれから盛り上がるだろうと感じていて、私なりにチャンスを探していたところ、豪系のファームであるマッコーリーが日本でインフラ投資の事業を立ち上げようとしていることを知ってアプローチしたのです。マッコーリーの日本事務所の代表に『ぜひ私を雇うべきだ』と売り込んだのですが、しばらくは断られ続けて、半年ほど押し問答を繰り返した末にようやく採用に(笑)。紆余曲折あったものの、そこで手がけた仕事はとても面白くて、道路運営の案件を自分でデューデリして投資判断を行い、しかも投資後、自ら経営に加わって事業をリードする経験を重ねました。
池田
私も大学院で土木を専攻し、主に交通工学について研究していました。その知識を活かして道路公団に就職したいと考えていたのですが、ちょうど民営化するタイミングで人材の採用をとりやめており、それでコンサルティングファームなら様々な業種・業務の経験ができるだろうとアクセンチュアに新卒で入社したのです。そして3年ほどキャリアを積んだ頃、民営化された首都高速道路会社でエンジニアの中途採用の募集があり、もともと道路を造りたいという思いを抱いていたこともあって、そちらに転身したのです。首都高速道路会社では、私もかつての岡田と同じように現場の施工管理などを担っていました。
永田
そんなお二方がIGPIに転職されたのは、どのような経緯からですか。
岡田
リーマンショック前からなのですが、日本経済の成長が鈍化する一方、グローバルのマッコーリーが中国や中東などより成長率の高いエリアを重視するようになり、日本への投資を控えるように。次第に「ここではもう自分が望むことはできない」という思いが募り、知り合いのヘッドハンターに紹介してもらったのがIGPIでした。お会いしたパートナーの方々がみなさん事業と財務の両面を非常に深く理解されていて、お客様の経営をまるごと面倒見ていくというスタンスで、「日本にもこんな会社があるのか」と驚きました。しかも、地方のバス会社などを再生させる案件に取り組んでいて、私がやりたかったインフラに関する投資や経営ができる機会もあると知り、これは面白そうだと入社を決意したのです。こちらに移ってからも、現在に至るまでインフラ領域のマーケットを専門に手がけています。
池田
以前に勤めていた首都高速道路会社ではエンジニアのポジションでしたので、その枠から外れた業務に携わる機会は少なかったです。たとえば、将来に向けての投資戦略を考える仕事を経験したくても、エンジニア職ではその機会が少ない。技術だけではなく、財務や法務にも強くなってインフラ構築全般を指揮できる人材になりたいと考えていたところ、IGPIの存在を知って興味を持ったのです。実際に岡田をはじめメンバーの方々と話をさせていただくと、一人一人が事業戦略の立案からファイナンス、さらに経営の実務まで幅広く担い、必ずお客様の力になるという熱い想いとプロフェッショナリズムが感じられて、ここなら私のやりたいことができそうだと入社しました。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください