NRIだからこそ発揮できる総合力で、お客様に密着し、期待に応える。 NRIだからこそ発揮できる総合力で、お客様に密着し、期待に応える。

Vol.32

NRIだからこそ発揮できる総合力で、お客様に密着し、期待に応える。

NRI 野村総合研究所 システムコンサルティング事業本部

金融ITコンサルティング部 上級システムコンサルタント李 智慧氏

グローバルITコンサルティング部 上級システムコンサルタント木部 雄一氏

社会ITコンサルティング部 主任システムコンサルタント村川 友章氏

「未来社会創発企業」として、予測・分析・政策提言などによって問題発見から解決策を導く「ナビゲーション」と、その解決策を業務改革やシステムの設計・構築・運用によって実現する「ソリューション」をともに究める野村総合研究所(NRI)。その架け橋となる「システムコンサルティング事業本部」への転職者3名の方に、NRIでキャリアを積む魅力についてうかがった。
通信サービス企業の営業担当、ユーザー企業のIT部門のスタッフ、ITベンダーのSEなど、転職者の経歴はさまざま。
入江
まずはみなさんがNRIに入社されるまでのご経歴と、こちらに転職された経緯をお聞かせいただけますか。
李 智慧 以前は国内の大手通信サービス企業でグローバルネットワークの法人営業に携わっていました。お客様に良い提案をするために、IT関連の様々な勉強をし、高度な資格も積極的に取得しましたが、通信サービス会社でしたので提案範囲がどうしてもネットワーク関連に限定されがちでした。私は、特定の分野に縛られることなく、お客様にとっても最も役に立つ提案をする立場になりたいと思い、システムコンサルタントになろうと考えました。そして、プロフェッショナル集団というイメージが強かったNRIに転職しました。
木部
私は大手航空会社からの転職です。社内のIT部門に所属していました。当時、困難な課題に直面していたため、NRIのシステムコンサルティング事業本部に支援をお願いしました。NRIが海外の他社事例も含めてITマネジメントに関する様々な知見を提供してくれたおかげで、課題を解決することができました。他のコンサルティング会社にも支援してもらいましたが、NRIが最も先進的かつ献身的でした。クライアントのために懸命に働くその姿に感銘を受け、私もITマネジメントに悩む企業の力になりたいとNRIへの転職を決めたのです。
入江
ユーザー企業のIT部門から、NRIに転職する方もいらっしゃるのですか?
木部
結構いると思いますよ。私が知る限りでもユーザー企業のIT部門から転職して、今では役員になった人もいますし、みなさん活躍されていますね。
村川
私は新卒で外資系のITベンダーに入社し、そちらで7年半ほどSEとしてアプリケーションの開発を手がけました。もともとIT業界に入った時から、まずは開発を経験して技術を身につけ、将来はコンサルタントを目指したいというキャリアプランを描いていたので、そろそろいいタイミングではないかと転職を考えるようになりました。いくつかのコンサルティング会社を検討しましたが、それまでのシステム構築の経験をいちばん評価してくれたのがNRIでした。ここなら自分が望むキャリアを実現できそうだと入社を決意しました。
入江
では、NRIに入社されてから、みなさんがこれまでどんな案件に携わってこられたのか教えてください。
村川
私は前職のITベンダーで官公庁系のシステム開発に関わっていたこともあって、こちらに入社してからも官公庁のお客様を担当することが多いです。お客様とともに次期システムの構想を考え、お客様のもとでプロジェクトマネジメントを支援しながら、開発を推進しています。
木部
私は入社以来、お客様の経営層に対してITに関する意思決定支援をおこなっています。たとえばIT部門の構造改革を検討されているお客様に対して、その是非を経営層と議論したり、実行のためのスキームを考えたり、あるいは日々のIT部門と事業部門とのコミュニケーションをサポートしたりと、さまざまなテーマに知恵を絞っています。
私は入社後、あるお客様の大規模なシステム更改のプロジェクトマネジメントに関わり、約3年半かけてプロジェクトを無事完了しました。お客様はそのことを評価してくださって、それに続くシステムの構想・計画の策定や調達支援、プロジェクトマネジメント支援、システム運営支援など、長期間にわたって支援させていただきました。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください