大きな裁量を持って、戦略実行までドライブする。政府と連携し、グローバルで新たな価値を創り出す。PwCだからこそ果たせるコンサルティングがある。 大きな裁量を持って、戦略実行までドライブする。政府と連携し、グローバルで新たな価値を創り出す。PwCだからこそ果たせるコンサルティングがある。

Vol.29

大きな裁量を持って、戦略実行までドライブする。政府と連携し、グローバルで新たな価値を創り出す。PwCだからこそ果たせるコンサルティングがある。

PwCアドバイザリー合同会社

ディールズ ストラテジー(PwC maval)ヴァイスプレジデント田中 大貴氏

都市ソリューションセンター 副センター長長田 英知氏

PPP・インフラ部門 マネージャー森 厚雄氏

ここで経験を積めば、コンサルタントとしての武器を大いに増やすことができる。
入江
みなさんがPwCに入社されて、エキサイティングだと感じる瞬間を教えていただけますか。
田中
誤解を恐れず言えば、我々が所属する「マーバル」というファームの知名度には何も期待していません。会社の名前で勝負できるわけではなく、個人の力が問われる。私にとっては、それがいちばんエキサイティングだと感じています。社内にまったく何も知見がなかった業界を自分で切り拓き、クライアントに入り込んで案件を獲得し、若いメンバーと一緒に自分のチームを作れる。私にとって会社は“ハコ”のようなもので、マーバルはものすごく“居心地の良いハコ“です。あとは、こちらに入社してからM&Aに強くなり、戦略を提言する上での自分のサービスラインが日々広がっていることもエキサイティングです。いまやM&Aなくして海外展開はあり得ない時代。日本企業はまだまだM&Aに苦手意識があるので、そこに精通していると、打ち手としての戦略の幅も広がる。3年前にまさに狙っていた通りのキャリアを築けています。
長田
私は自らの仕事の影響力を実感する時でしょうか。先ほど森が触れたインドの新州都建設プロジェクトに私も関わったのですが、自分たちのアウトプットが国と国の交渉に使われているとリアルに感じた時はやはり高揚しましたね。また都市ソリューションセンターが事務局となっている日本の都市輸出のための研究会に参加頂いているのも企業や官庁の要職に就いている方々で、そうした方々とフラットに意見をぶつけあって議論するのも刺激的。そしてそれが国の政策につながっていくわけですから、本当にやりがいがあります
私の場合も、かつてインドの新州都のマスタープラン策定に関わっていた時によくインドの省庁に出入りしていたのですが、そのうち顔パスになる瞬間があるんですね。当初は「日本政府から訳のわからないコンサルタントが派遣されてきた」という空気でしたが、何回かディスカッションしていくうちに「こいつは面白い」と認められるようになり、次第に政府の要人が直々に私を迎えてくれるようになって……コンサルタントというのはクライアントにへつらうようなポジションになりがちですが、文字通り政策のアドバイザーとして外国政府と対等なスタンスで仕事ができる、そんな経験を得らえただけでもPwCに参画した価値がありましたね。
入江
戦略コンサルタント出身者がPwCでキャリアを積むメリットはどのようにお考えですか。
田中
ここでは「絵に描いた餅」に終わる案件はありません。戦略を立て、実行するところまでサポートできるプロジェクトばかり。ピュアな戦略コンサルに飽きているような方にとってはチャレンジしがいのある場ではないでしょうか。また大手の外資戦略ファームですと、入社して間もない人間が最終報告会でプレゼンできるような機会などまずないと思います。クライアントとのミーティングでも、その場を仕切るのはマネージャークラス以上がほとんど。でも当社はまだ小さな所帯なので、能力があれば入社1年のメンバーでもプロマネロールをしてもらい、ミーティングの仕切りも報告会のプレゼンもしてもらっています。年齢やキャリアに関係なく、力量だけで仕事の役割が決まるので、若いうちから大きく成長できる環境だと思います。真の実力を改めて鍛えたい方にはうってつけの場だと私は考えています。
長田
我々が手がけるのは、クライアントの課題を解決するため、良い意味で手段を選ばないコンサルティングです。一般的な戦略ファームですとチームごとに役割が決まっていて、たとえばコスト削減のチームならひたすらABC分析をやったり、リーンシグマをやったり、ある程度確立された方法論のなかで答えを突き詰めていく。しかし我々は、戦略策定からマーケティング、プロジェクトファイナンスまで、あらゆる知見を総動員して日本のインフラ輸出に結びつけていこうとしており、ここで経験を積めばコンサルタントとしての武器を大いに増やすことができると思いますね。
確かにPwCに入社してから自分のオプションが増えましたね。描いた戦略を実行に移す時、企業が自前でやるのは難しいと思われるようなテーマでも、たとえば国の予算で案件化したり、あるいは国際機関と連携して進めるなど、提案できる幅が大いに広がりました。こうしたアプローチは前職では成しえなかったこと。そして、政府や国際機関などと連携してプロジェクトを進める上で、戦略コンサルタントの経験は大いに活きると思います。そこに関わるさまざまな専門家を取りまとめ、ロジックにのっとって案件を仕立て上げることのできる人材が、実はまだまだ少ない。戦略コンサルを経験された方はそれが十分にできると思いますし、いま我々のチームに加わればたいへん重宝されると思いますね。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください