コンサルタントでありながら、事業開発や経営にも関わり、自らの「理想」を追求できる。こんな特異なファームは、おそらく他にはない。 コンサルタントでありながら、事業開発や経営にも関わり、自らの「理想」を追求できる。こんな特異なファームは、おそらく他にはない。

Vol.26

コンサルタントでありながら、事業開発や経営にも関わり、自らの「理想」を追求できる。

株式会社フィールドマネージメント

ディレクター吉本 貴志氏

ディレクター小林 傑氏

ディレクター竹森 大介氏

自分のケイパビリティを、自分で設定したい方には絶好の場。
永田
みなさんはフィールドマネージメントというファームに、どんな魅力をお感じになられていますか。
吉本
このファームのいちばんの特徴は、メンバー個人の意思・活動が尊重されながらも、組織力として様々な知見、スキル、ノウハウがあることだと思います。それぞれがやりたいと思うことを追求して、ファームとしてもそれをサポートしている。コンサルティングだけにとどまることなく、たとえば小林がHR系の会社を立ち上げたり、竹森がCVCを設立したりしたのも良い例です。とはいえ、私も含めてみな、コンサルティングはとても価値のある仕事だと思っています。コンサルタントであり続けることはもちろんOKですし、社内での新規事業の立ち上げや自分が社長になる可能性も十分にあります。大手のファームだとこうしたキャリアを歩むことは通常難しく、どちらか選択を迫られることが多いと思うのですが、ここなら、個人の意思次第で実現することができます。
小林
事業開発や経営に関わることが、我々のコンサルティングの価値を高めることにつながっていくんですね。私たちは「ハイブリッド型」と呼んでいますが、経営経験のあるコンサルタントの集合体となることを目指しています。経営者の気持ちは経営者にしか分からない。だからこそ、それがフィールドマネージメントの強みとなり、STEP ZEROに近づいていける。誰かが事業を創って経営を担うことでハイブリッドな人材が増え、結果としてフィールドマネージメント全体の価値も向上していく。このサイクルをうまく回せているファームというのは他には無いと思いますね。
竹森
我々は、“コンサルティング”というとらえどころのないサービス群を自分たちなりに再定義しようとしているのだと思います。ここに集っている多くは、プロフェッショナルファーム出身者で、コンサルティングに関しては一定のクオリティを担保できるのですが、でも「本来はこうあるべきじゃないか」「もっとこうしたい/ああしたい」と沸々と湧き上がる思いがある。そして、そこに対して自分なりの挑戦が許される。確かに、こんなファームはほとんど存在しないと思いますね。
永田
では、なぜ他のファームではかなえられないことが、フィールドマネージメントでは実現できるのでしょう?
吉本
我々には業務範囲の規定がありません。案件への取り組み方もさまざまです。月一回、クライアントの役員会議に出席し会社全体のトピックを一緒に議論することもありますし、クライアン企業の中にプロジェクトルームを設けて常駐するケースもあります。毎回、問題を解決するためにクライアントと相談しながら、プロジェクトの進め方を考えており、FMのサービスはこうですというフォーマットをあてはめるような形での取り組みはしていません
竹森
おそらく、こうしたクライアントとの関わり方は、コマーシャルベースではデメリットもあるため、大手ファームでは積極的に取り組みづらいという面はあると思います。一方で、我々はクライアント企業との関係性が深まることや会社としてユニークな知見や経験を獲得することによって、持続的な競争優位の構築に成功しているのだと思います。
小林
そもそも、短期間でのコンサルティング契約で本当の成果を出すということ自体が難しいことなんだと思います。そんな短期間でできることはたかが知れている。長きに渡って伴走してこそ、本当にクライアントに貢献できる。その志をどこよりも強く持っているファームだと思います。
入江
では最後に、フィールドマネージメントへの参画を希望される候補者の方々にメッセージをお願いします。
竹森
他のプロフェッショナルファームでは、アソシエイトやコンサルタントというポジションによってロールが決められていると思いますが、ここはまだまだ小さな所帯であり、組織もフラットなので、より上位のロールにチャレンジできる機会も多いと思います。いま他のファームでアナリストを務めている方でも、本人の意欲と能力次第ですぐにマネージャークラスの仕事に就くことも十分に可能。非連続にステップアップできる環境です。
小林
自分の得意分野を核にして成長していきたいという方にも絶好のフィールドです。今のフィールドマネージメントのメンバーの得意分野も本当に様々です。たとえそれがどんなテーマであろうと、フィールドマネージメントならできるという感覚が持てる。実際、周囲に自分のやりたいことをどんどん実現している人間ばかりなので、おのずと触発されていくと思いますね。
竹森
確かに自分への期待値を自ら設定し、能力やケイパビリティの獲得に貪欲な人には、やりがいが多い場所です。
吉本
その反面、大手のように決められたキャリアパスは設けられていないので、すべて自分で切り拓いていかなければなりません。自分のやりたいことを実現するためにフィールドマネージメントを存分に利用してやろうという、それぐらいの気概を持つ方にぜひ参加していただきたいですね。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください