まだまだファームとしては進化の途上。だからこそ、自ら新規クライアントを開拓し、プロジェクトをすべて担えるチャンスに溢れている。 まだまだファームとしては進化の途上。だからこそ、自ら新規クライアントを開拓し、プロジェクトをすべて担えるチャンスに溢れている。

Vol.22

まだまだファームとしては進化の途上。

カート・サーモン

シニアマネージャー安藤 秀之氏

マネージャー杉山 裕哉氏

小売業は、成果を実感しやすい。この業界で経営を担える人材にもなれる。
岡田
安藤さんは事業会社からのご転職ですが、現状、事業会社出身者とコンサルタント経験者の比率はいかがですか。
安藤
およそ半々ですね。当社は小売業界に特化しているので、この業界の出身者も多いですし、もちろんコンサルティングファームからの転職者もたくさんいます。
杉山
さまざまな経歴を持った人材が集っているのも、カート・サーモンの魅力です。新たに参加される方には、それまで培われてきたキャリアをもとに、ぜひ新しい風を吹き込んでいただきたいですね。
入江
カート・サーモンでキャリアを積む意義や醍醐味を、お二人はどうお感じになっていらっしゃいますか。
杉山
我々が携わる小売業というのは、コンサルティングの成果が見えやすい領域だと思います。たとえば品揃えを変更することで売上が増加したり、あるいは出店戦略を見直すことで経営が強化されたり、数字に直接反映されやすいので、クライアントへのインパクトを間近で実感できます。
安藤
我々がクライアントに大きな投資の決断を促すこともあり、担う責任はきわめて大きいのですが、しかしその結果、クライアントの事業が大きく成長するのを目の当たりにした時は、やはり充実感がありますね。
杉山
いま当社では新規のクライアントの開拓にも意欲的に取り組んでおり、私もパートナーと一緒に案件開発に関わっています。特に、小売業界はコンサルタント慣れしていない企業も多いので、先入観なく接していただけますし、クライアントへの影響力も非常に大きいのではないかと感じます。いま私がリードしているプロジェクトも、対象部門のほぼ全員が外部のコンサルタントと協業するのは初めてだということで大きな期待をいただいています。社内で机を一緒に働きますので、現場の方々から我々に寄せられる信頼も厚く、まさにクライアントの一員となって改革を担っている感覚があり、たいへんやりがいがあります。
安藤
カート・サーモンで経験を積むことは、将来のキャリアパスにおいても有益だと思いますね。事実、当社のOBで大手小売業や有名アパレルなどで要職に就いている人材が多数います。リテールや消費財の領域において、戦略からオペレーションまで全体を見渡して事業を変革していく経験を積むことで、企業に身を置いても経営人材として十分通用するだけの力が養えると思います。
杉山
確かに、小売・アパレル業界でサプライチェーンやマーチャンダイジングに精通し、数字を理解した上で経営に進言できる人材というのは、非常に希少性が高いのではないかと思います。ポストコンサルのステップとしても、カート・サーモンでキャリアを積む価値は大きいと思います。
岡田
では最後に、応募者の方々へ向けてメッセージをお願いします。
安藤
我々は、小売業界のコンサルティング案件においてはコンペの勝率も高く、国内では屈指の知見を誇るファームだと思います。だからこそ、クライアントを自ら導いていくことのできる、アグレッシブでプロアクティブな方にぜひ参加していただきたいですね。
杉山
日本におけるカート・サーモンは、まだまだ発展途上にあります。早く昇格できるチャンスも大いにありますし、また新しいプロジェクトも続々と立ち上がっています。これから入社される方とも、そうしたダイナミックな変化を楽しみながらともに成長していくことができればと思っています。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください