ニーズがあれば何でもやる」「一人一人が突出した分野を持て」「Up or Outでもない」「社会的意義の大きな仕事に挑める」……中途入社者が語る、リアルなNRI。 ニーズがあれば何でもやる」「一人一人が突出した分野を持て」「Up or Outでもない」「社会的意義の大きな仕事に挑める」……中途入社者が語る、リアルなNRI。

Vol.18

中途入社者が語る、リアルなNRI。

株式会社野村総合研究所

コンサルティング事業本部 事業推進コンサルティンググループ グループマネジャー西野 貴弘氏

コンサルティング事業本部 ビジネス・テクノロジーグループ 副主任秦 伸太朗氏

徹底した顧客志向。それを通して、社会的意義の大きな仕事に挑める。
永田
お二人からご覧になられて、NRIの人材の印象はいかがですか。
西野
シンクタンクが母体ですので、自分なりの専門性を持っている人が多いですね。会社としても「コンサルタント一人ひとりが突出した専門分野を持て」という考えです。かなりニッチな異色のテーマを究めて業界内で名前の通っている方もいます。そうした人材の多様性がNRIの魅力であり、また、いろいろな角度からクライアントの課題を掘り下げることができるとともに、その専門性を活用することでプロジェクトの立ち上がりが早いという点で、当社の競合優位性にも繋がっていると思います。さまざまな専門性を有した人材が集っているので、最近では、業種横断、業界横断、官民連携といった複雑で高度な案件に取り組む機会も増えています。
NRIのコンサルタントはみんな勉強熱心ですね。私の上司も、どんなに仕事が忙しくてもしっかりと自分の勉強の時間を取っています。そして、みんな自分の仕事に対しては徹底的にこだわる。たとえば資料を作成する際も、それがお客様の社内で閲覧されることを考えて、日本語の表現ひとつにもこだわり抜く。私自身もそうした姿勢にとても触発されています。
永田
NRIのコンサルティングに対して、お客様からはどんな反応や評価が寄せられていますか。
西野
NRIでは案件が終了した時、お客様のご担当者の方にお願いして、当社への評価を忌憚なく記していただいています。そしてそのコメントは、一部の機密情報等を除き社内でオープンにされています。お客様の声をここまで意識して、顧客満足を追求しているファームは珍しいと思いますね。
そうしたお客様からのコメントを拝見させていただくと、業界に対する知見やプロジェクト遂行能力に対する評価が高いようです。
永田
御社は徹底した顧客志向なのですね。一方で、NRIは社内に「詰める」文化があるなどと世間では言われているようです。転職されてみて、その点はいかがでしたか。
西野
そもそも「詰める」というのは「本質的にそのロジックが本当に正しいのか」を確認するステップだと社内では認識されています。なので、決してネガティブなものではありません。NRIは若手にも案件を任せるファームですが、まだキャリアの浅いコンサルタントがお客様のもとできちんと成果を収めるには、企画設計の段階が非常に重要です。それを担えるだけ論理力を鍛えるプロセスが「詰める」ということだと私は捉えています。事実、NRIの3年以内の離職率は4%台であり、若手を徹底的に育て、一人前にするファームだと思います。
永田
では最後に、候補者の方々にNRIでキャリアを積む魅力をお伝えいただけますか。
西野
やはりコンサルティングというビジネス、スキルを通して顧客や社会にとって責任の大きな案件に取り組めるということではないでしょうか。特に震災以降、日本経済の復興のための案件が官民問わず増えています。また、各企業が社会を変えていこうとする重大なプロジェクトに参加できるチャンスにも溢れています。コンサルタントを志望する方には、フィーや成長環境をゴールとして重視している人も多いようですが、NRIはむしろコンサルティングを通して社会貢献したいという意欲の高い社員のほうが多いように思います。
青臭い議論をするのが好きですしね。自らの成長はもちろんですが、それ以上に、クライアントと共に責任を負い、大きな価値を実現していこうという志を持った方、コンサルティングを通して社会貢献したい方は、おそらくNRIにフィットすると思います。ここでは若手でも、自分から機会をつかみにいくことのできる場ですから。
西野
キャリアの豊富な方にとっても、NRIは参加する意義の大きなファームです。ここは新陳代謝を早くして常に若いコンサルタントを抱えようという企業ではありませんし、じっくりと腰を据えて仕事に取り組める環境。そして、冒頭にもお話ししました通り、NRIはまだ成長余力があり、チャレンジできる領域が大いに残されているので、みなさんが培ってきた能力を存分に活かせるフィールドだと思います。興味をお持ちの方は、ぜひ一度アプローチしていただきたいですね。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください