ニーズがあれば何でもやる」「一人一人が突出した分野を持て」「Up or Outでもない」「社会的意義の大きな仕事に挑める」……中途入社者が語る、リアルなNRI。 ニーズがあれば何でもやる」「一人一人が突出した分野を持て」「Up or Outでもない」「社会的意義の大きな仕事に挑める」……中途入社者が語る、リアルなNRI。

Vol.18

中途入社者が語る、リアルなNRI。

株式会社野村総合研究所

コンサルティング事業本部 事業推進コンサルティンググループ グループマネジャー西野 貴弘氏

コンサルティング事業本部 ビジネス・テクノロジーグループ 副主任秦 伸太朗氏

組織のあり方も仕事の進め方も、型にはまっていない。“Up or Out”でもない。
入江
さきほど秦さんから「NRIのコンサルティングはSIに繋げる必要はない。あくまでお客様本位でジャッジできる」とのお話がありましたが、そのほか、NRIで入社されてギャップをお感じになられたことはありませんでしたか。
扱う案件の幅広さは予想以上でした。部門のトップの言葉を借りれば『クライアントのニーズがあれば何でもやる』と。私は前職でのバックグラウンドを活かしてITに近い領域に携わっていますが、隣の席の人はM&Aのコンサルティングに関わっていますし、部内では、他にも大手企業の全社改革案件や中期経営計画策定の案件も動いています。また、官公庁の案件で、全国津々浦々を行脚して中小企業の経営者にインタビューしているコンサルタントや、クライアントの働き方を変えていくワークスタイル改革に取り組んでいるコンサルタントも。これほど業界・テーマ共にバラエティに富んだ案件を手がけているとは思いも寄りませんでした。
西野
確かに、「型にはまっていない」というのはNRIの魅力の1つですね。他のファームはマトリックス型の体制を敷いているところが多いと思いますが、NRIはアメーバ型と言われており、関われる案件の自由度が高い。私自身も以前は製造業や総合商社の案件を主に手がけていたのですが、NRIに入社してからは特にその縛りはなく業務を行っています。
入江
組織のあり方も、他のファームとは異なっているのですね。
西野
ええ。以前に私が在籍していたファームもそうでしたが、この業界は基本的にプロジェクトオリエンテッドです。プロジェクトごとに人が動き、プロジェクトの中で人が成長していくというスタイル。しかし、NRIは日系企業なので、部門の組織に紐づいた形でもいろいろな営みが行われています。ですから他社と比べると家族的な風土のように感じますね。加えて、他の多くのファームの場合、案件の獲得はパートナークラスの人間の役割ですが、NRIは主任クラスになると全員営業に携わり、自分のやりたい仕事を自分で取ってくることができる環境です。キャリアの浅い若手が案件を取ってくることもできます。そういった場合は、アサインや採算管理、リスク管理などについては上位者がきちんとケアし、プロジェクトリードは本人に託しています。
新卒5~6年目ぐらいの若手社員も営業活動にあたっていて、それは私もびっくりました。しかも、営業案件の進捗状況が、一部の案件を除いてほぼ全件、受注/失注に至るまで社内ポータルで公開されているのです。こうした案件リストなど、他のファームでは管理職でなければ見ることができないはず。また、社内のナレッジなどもすべてオープンにされていて、あらゆる情報を社員全員で共有しようというのは、NRIならではのカルチャーだと思いますね。
入江
NRIでは人事評価はどのように行われているのですか。
西野
NRIは“Up or Out”ではありません。長期的な観点で評価が行われています。ですから、短期的に成果が出ていないからといって、評価が下がるということはありません。もちろん実力主義で成果を上げた人間には相応の評価が与えられますが、逆にとにかく短期的に成果を出したいという志向の方にはNRIは合わないかもしれません。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください