エンジニアから戦略コンサルタントへ。経営を変えていくプロセスを顧客と「楽しむ」日々。 エンジニアから戦略コンサルタントへ。経営を変えていくプロセスを顧客と「楽しむ」日々。

Vol.25

エンジニアから戦略コンサルタントへ。経営を変えていくプロセスを顧客と「楽しむ」日々。

PwCコンサルティング合同会社(Strategy&)

Director吉田 泰博氏

大学卒業後、起業してシステムの受託開発事業を営んでいたという吉田氏。当時抱いていた問題意識を解決できるポジションを求めて、また自らのさらなる成長を期して、戦略コンサルタントに転身したという。そんな吉田氏に、未経験からこの業界に飛び込み、コンサルタントとしてのスタイルを確立するまでの実体験をうかがった。
自分が抱えていた問題意識に、このファームが目指す方向性が一致した。
入江
コンサルタントになる前の経歴を教えていただけますか。
吉田
私は東京大学の理学部を卒業後、学生時代に情報工学を専攻していたこともあって、起業してソフトウェアの受託開発を手がける会社を興しました。実質的に社員は私一人でしたが、自分で案件を獲ってきては仕様を書き、プログラムを作って納めるという一連のシステム開発業務を10年弱手がけていました。ですから、私のバックボーンはITエンジニアなんですよ。
入江
そうしてシステム開発でキャリアを積まれていた吉田さんが、コンサルタントに転身されたのはどのような経緯からですか。
吉田
私がこちらに入社したのは2007年ですが、当時、まだブーズ・アンド・カンパニーが独立する前のブーズ・アレン・ハミルトンで、戦略コンサルティングのなかでIT領域を強化していこうという動きがあり、そのための人材を募るITセミナーに参加したのがきっかけです。私としては転職を意識していたわけではなく、単純にいまのITのトレンドを知りたいという思いからセミナーに出席したのですが、話を聞くうちにとても興味を覚えて……なぜ戦略コンサルティング会社がIT領域に関わる必要があるのかというテーマでしたが、システムありきのコンサルティングではく、中立的な立場でのITコンサルティングが求められているという話に非常に共感したのです。私自身も、お客様の要望に応じてシステムを作ったものの、それが実際には半分も使われていないという現実によく直面していました。そもそも本当にシステムが必要だったのか? 本当にあるべきシステムは何だったのか? そうした本質からもっと考えていくべきではないかという問題意識を私も持っていたのです。
入江
吉田さんが本当にやりたいと思っていたことが、ここなら実現できそうだとお感じになられたのですね。
吉田
ええ、自分が抱いていた問題意識を解決できそうだと思ったことが大きな理由ですが、もうひとつ、ここでお会いしたコンサルタントがみなさん魅力的な方で、一緒に仕事ができれば、知的な刺激を大いに受けて成長できそうだと感じたことも、こちらに参画しようと決めた要因でした。あと、私自身は飽きっぽい性格なので、さまざまな業界のお客様に、さまざまなテーマで関われるコンサルタントの仕事が魅力的に映りました。
入江
入社後はどのような案件に関わってこられたのですか。
吉田
当初は飲料会社のマーケティング戦略立案や、大手化学メーカーの海外市場戦略などのプロジェクトに関わりました。私のバックボーンはITでしたが、そもそも当社は戦略ファームなので、ITと関係ない案件も当然手がけていかなければなりません。私にとってはまったく未知の領域でしたので、当初はかなり苦労しましたね。その後、1年目の終わり頃、大手金融機関のオペレーションを刷新する全社的な改革プロジェクトを当社が担うことになり、そのPMOを務める機会を得ました。さまざまなシステムを再構築する巨大なプロジェクトであり、最適なオペレーションを実現するためにどんなシステムが必要なのかを、本質から考えてITベンダーを指揮していくことが我々のミッション。そこで初めて、以前培ってきたITの知見を活かし、まさに自分がやりたかったテーマに取り組むことができ、私にとってのブレイクスルーになりました。以降、こうした金融機関のオペレーション改善は私の得意なテーマとなり、また、個人的に面白いと感じていた製造業の海外戦略立案も数多く手がけ、この2つがいまの私の専門領域になっています。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください