監査法人からコンサルティングファームへ。真に経営者の目線で企業を変え、世の中に大きなインパクトを。 監査法人からコンサルティングファームへ。真に経営者の目線で企業を変え、世の中に大きなインパクトを。

Vol.16

監査法人からコンサルティングファームへ。

株式会社経営共創基盤(IGPI)

マネジャー 公認会計士堺 敦行氏

IGPIは、自分で起業するよりエキサイティングな経験ができるチャンスに満ちている。
入江
IGPIで経験を積まれて、ご自身が新たに得た力というのは何でしょうか。
まずは「人を動かす力」ですね。やはりプロフェッショナルファームの人間というのは頭でっかちになり、業態分析して導かれた戦略を上から目線でクライアントに指南する、というスタンスに陥りがちです。しかし、IGPIではそうしたコンサルティングをすると怒られます。いくら正しい戦略を編み出しても、クライアントが実行に移してくれなければ意味はない。「本当に人を動かすコミュニケーションが取れているのか」ということを常に問われる。経営者はどういう思いなのか、現場の人たちは何を考えているのか、時間をかけてそこに関わる方々のインセンティブを理解し、戦略の実行を促していく。そこに決まった解法はなく、個別に仮説を積み上げて検証していくという、根気と労力を要するコンサルティングですが、それがIGPIのやり方なのです。人の心に向かい合い、実行を阻害する要因をひとつひとつ取り除き、そして組織が正しい方向に動き始める。その瞬間こそ、この仕事の醍醐味ですね。
入江
人の心を理解して組織を動かすというのは、まさに「経営」ですよね。
そうなんです。IGPIは本当に「経営」の力がつく場だと思いますね。いま私が関わっているのは、当社が出資している製造業のベンチャーの支援案件。経営陣の一員として参画し、企業が成長していくためのありとあらゆる課題に立ち向かっています。よく、いろいろなプロフェッショナルファームが「経営者の視点で支援する」などと謳っていますが、経営者の視点と言いながら、実は見ているのは戦略面だけだったりする。私自身、いまベンチャーの経営に携わる立場に就いてみると、経営者が見ている世界はきわめて広いということに気づかされます。事業戦略だけではなく、たとえば人事制度や労働環境の整備だったり、もちろん資金繰りなどのお金の勘定も含めて、会社の中で起こりうるすべての問題に気を配らなければならない。IGPIのアプローチは、それぞれのコンサルタントが経営者の本当の目線に近づいて問題解決していくというもの。全員が経営に関するすべてを泥臭く担い、企業を変えていくことで世の中を変えていく。そんな人材のプラットフォームになることを掲げています。だから、いろんなバックグラウンドを持つ人材が活躍できるのだと思いますね。
入江
堺さんご自身も当初の目標通り、将来は起業されるおつもりですか。
いえ、いまは自分で起業するのではなく、アドバイザーのほうが面白いと感じています。経営者になってすべての権限を持てば、事業も組織も思うままに動かせる。でも、アドバイザーというのは、そうしたパワーを持たずに事業や組織を動かしていかなければならない。そちらのほうが難しいですし、チャレンジしがいがある。それに、IGPIは「知恵」と「人」と「金」の3つを武器に、どんなテーマにでも取り組める環境です。最近ではクールジャパン戦略の推進などにも関わっていますし、IGPIのリソースやネットワークを使って、自分自身で仕事のフィールドをどんどん広げていくことができる。3年後、まったく意外なテーマに取り組めるかもしれないと思うと、いま離れるのはもったいない(笑)。本当に大きな可能性を秘めた場だと思っています。
入江
では最後に、かつてのご自身のような会計士の方々にメッセージがございましたらお願いします。
若い会計士のみなさんの中には、監査業務に携わって「この会社はもっと良くなれるのに」という思いを抱いている人も結構いらっしゃるのではないでしょうか。企業を変えて世の中を変える、ということに関心があり、そんな仕事を成し遂げたいという強い意志のある方は、IGPIはその力を手に入れる格好の場だと思います。ここで経験を積めば、これからの社会に求められる価値ある人材にきっとなれるはずです。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください