金融業界からコンサルタントへ転身 金融業界からコンサルタントへ転身

Vol.01

金融業界からコンサルタントへ転身

ボストンコンサルティンググループ

コンサルタント梶 沙瑤子氏

身に付いた能力は「問を立て、考える」力とCEOの視点
入江
コンサルタントになってどのようなプロジェクトを担当されたかについて教えてください。
最初に参加したのは、金融機関の内部リスク統制プロジェクトで、金融機関出身の私には比較的取りかかりやすいプロジェクトからスタートしました。
入江
約2年半の間にどれくらいのプロジェクトに参加されましたか。
10プロジェクト程度です。一つのプロジェクトの期間は、基本的には3ヶ月単位ですが、短いものだと1~2ヶ月、長いと9ヶ月のものもありました。BCGのコンサルタントはプロジェクト制で、プロジェクトが終わるたびに次にどういうプロジェクトをやりたいか希望を出します。ただし、次に参加するプロジェクトの決定にあたっては、自分の意志に加えて、マネージャーやパートナーからの「この人にはこういうプロジェクトを経験させたほうがよい」という視点などが考慮されます。現在は電機・通信業界の企業に対し海外事業展開の具申を行うプロジェクトに従事しています。
入江
金融からだいぶ離れた業種を担当されるようになったのですね。
最初の頃は金融が多かったのですが、数カ月たつとスキルといいますか「コンサルタントとしての型」のようなものが身に付いてきます。それで業種を問わず対応できるようになってきたのだと思います。
入江
「コンサルタントとしての型」とはどのようなものでしょうか。
コンサルタントならこういうことができなければいけない、という能力がいくつかあると私は思っていて、その中で最も大きいのが「問いを立て、答えていく能力」です。本当に何を問うべきかを把握し、それに答えを出していくというとシンプルで簡単そうに聞こえるかもしれませんが実際にはかなり難しく、私はその感覚をつかむのに苦労しました。
入江
コンサルタントとしての基本であり、でもとても難しいところでしょうね。他に身に付けられた能力はありますか?
もう一つ大きかったのはCFOとCEOの視点の違いを得られたことです。前職の投資銀行やバイサイドの場合、たとえば企業価値を一円単位で表します。それはリターンに関わってくるからなのですが、いまコンサルタントとしてクライアントに企業価値を提示する場合、その金額が妥当と思える範囲かどうかを明示できることのほうが重要で、むしろ一円単位にこだわってわかりにくい資料を提示するのは好ましくない場合が多いです。CFOは投資に対するリターンをシビアに評価する必要がありますが、会社全体を見る立場のCEOはそれだけがすべてではないと言えます。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください