コンサルタントから事業会社に転身するのに これほど格好のフィールドはない。 世界最大の小売企業ウォルマートの強さの源泉「ウォルマート・カルチャー」を武器に大変革期の日本の小売業界で勝つ コンサルタントから事業会社に転身するのに これほど格好のフィールドはない。 世界最大の小売企業ウォルマートの強さの源泉「ウォルマート・カルチャー」を武器に大変革期の日本の小売業界で勝つ

Vol.39

コンサルタントから事業会社に転身するのに これほど格好のフィールドはない。 世界最大の小売企業ウォルマートの強さの源泉「ウォルマート・カルチャー」を武器に大変革期の日本の小売業界で勝つ

合同会社 西友

商品本部 補充事業部 バイス・プレジデント荒木 徹氏

ストラテジー&インテグレーション PMO シニア・ダイレクター濱口 友彰氏

コーポレートPMOを経て、ビジネスファンクションを率いるリーダーへ。
永田
お二人が入社後、最初に所属されたコーポレートPMOはどのような組織なのでしょうか。
濱口
コーポレートPMOは、経営企画でもなく、ビジネスファンクションでもなく、全社的な戦略プロジェクトの推進を担う組織です。3年後、5年後に西友がなりたい姿を見据えて、現状とのギャップを分析し、それを埋めていくためのアクションを経営陣と共に考えて推進していく。そのような大きなアクションの推進には、現状の延長線上ではない大きな変革を、複数のビジネスファンクションを巻き込んで推進していく必要があります。そこで、絶えず経営陣とコミュニケーションを取りながらそれをリードしていくことが、コーポレートPMOのミッションです。
荒木
会社を変革していくようなプロジェクトを成し遂げていくためには、短時間で多くのデータを収集し、それを基に論理的に考えて答えを出すことが求められます。まさにそれはコンサルタントで経験していたことです。また、小売業で長くキャリアを重ねてきた人は、現場で改善オペレーションを素早く回していくことに関して素晴らしいパフォーマンスを出します。では、従来の業界の常識にとらわれない発想を飛ばすということに慣れているかというと、そうとばかりも言えない。そこに我々のようなコンサルタント出身者が新たな観点からインプットをすることで、互いの強みが活きる形で良いシナジーが生まれると感じます。
濱口
まさにその通りで、このコーポレートPMOは我々コンサルタント出身者が大いに価値を発揮しうるポジションです。仕事というのは突き詰めれば「答えを見つけ、実行していく」ことだと思います。日々生じる新たな課題に対して自分で考え、答えを出していく力は、コンサル時代に徹底的に鍛えられましたし、それはどこの会社でも普遍的に必要とされると感じています。私は小売業に携わるのは初めてでしたが、「答えの見つけ方」を使って入社後すぐに活躍できる場面はいろいろありました。
荒木
コーポレートPMOはプロジェクトを推進していく上で、いろんなビジネスファンクションと協業し、バリューチェーンのすべてに関わっていきます。我々のように流通業の経験の少ない、もしくは全くないようなメンバーでも、短期間でビジネス全体を俯瞰でき、社内のネットワークも広がり、小売の現場も理解できます。まず、ここで経験を積むことで、その後のキャリア展開もスムーズになります。私も2年半ほどこちらで様々なプロジェクト推進を経験した後、各ビジネスファンクションで変革を進めていくリーダーとして、現在は、サプライチェーンマネジメント、マーチャンダイジングの領域で業務革新をリードしています。ビジネスリーダーを志向するコンサルタントが事業会社にエントリーするにあたって、このコーポレートPMOは絶好のポジションだと思いますね。
永田
お二人とも事業会社に籍を置くのは初めてとのことですが、前職と比べて何かギャップを感じることはありましたか。
荒木
コンサルティングファームは、良くも悪くもある程度近いバックグラウンドや志向を持つメンバーと仕事をすることが多いので、やりやすい面はありました。一方、現職では、それまでに出会ったことがないような様々なバックグラウンドや志向、ライフスタイルを持つメンバーが多い非常にダイバーシティーに富んだ環境です。そんな中で、西友では、多様性を受け入れることが会社を強くするという考え方の基、「ダイバーシティー&インクルージョン」の取り組みを進めています。当初は、仕事に対するアプローチやスピード感の違いに戸惑うところもありましたが、今は、多様な考え方や発想から学びながら新たなビジネスのスタイルを模索し、確立していくことで確実に自らも成長することができていると感じています。
濱口
最近切に感じるのは、思考とスピードのバランスが重要だということです。この業界は日々変化し、ネット企業も含めて競合がどんどん多様化しています。一方で国内の消費市場は成熟し、今後劇的に拡大することは望めません。そんな中で競争に勝ち抜くためには、従来のやり方の延長線上ではない非連続な思考が必要であり、さらにそこから生み出された施策をスピーディーに実行していかなければなりません。「大胆に・正しく考えて」「早くやる」ことをどう両立させるかが悩ましいポイントであり、経営陣とも議論になることが多いです。でも、そうした場で上の人間は必ず下の意見を聞いてくれますし、無邪気なアイデアでもきちんと議論の俎上に載せてくれます。社長室のドアはいつも開いていて、私のようなスタッフがふらっと相談に訪れても応えてくれます。そうしたカルチャーをとても魅力に感じています。
荒木
そう、親会社であるウォルマートのカルチャーが社内に根づいていますよね。上司が部下をリードするやり方も、以前のファームとはまったく違いますし、こちら入社してから私の仕事のスタイルもガラッと変わりました。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください