不完全な情報の中で意思決定する。戦略と実行を同時に回していく。コンサルタントでは味わえなかったエキサイティングな経験の連続。 不完全な情報の中で意思決定する。戦略と実行を同時に回していく。コンサルタントでは味わえなかったエキサイティングな経験の連続。

Vol.31

不完全な情報の中で意思決定する。戦略と実行を同時に回していく。コンサルタントでは味わえなかったエキサイティングな経験の連続。

楽天市場事業

企画部 部長松村 亮氏

エンジニアから戦略コンサルタントに転身し、その後、楽天に参画した松村氏。入社後はしばらく社長室にてトップの三木谷氏とともに全社的な経営課題に関わり、現在は、同社の中核事業であるオンラインショッピングモール「楽天市場」の企画部門の責任者を務めている。なぜ松村氏は楽天を選び、ここでどんなキャリアを得ているのか、詳しく話をうかがった。
「自然科学」よりも「社会科学」を。エンジニア、戦略コンサルタントを経て楽天に入社。
入江
まずは松村さんが楽天に入社されるまでのご経歴をお聞かせいただけますか。
松村
大学卒業後、最初はエンジニアとしてキャリアをスタートしました。新卒で外資系のIT企業に入社して、主に研究開発の開発側のチームに所属し、世の中で生まれた新しい技術をビジネスに実装していくプロセスに数年ほど携わりました。その後、思うところがあって外資系の戦略コンサルに転職し、途中留学や海外オフィス勤務などを挟みながら、コンサルタントとして国内外のさまざまな案件に携わり、そして2年ほど前に楽天に移籍しました。
入江
エンジニアから戦略コンサルに移られたのは、どのような理由からですか。
松村
社会に出て実際にエンジニアの仕事をする中で、自分は「自然科学」より「社会科学」のほうが好きなんだなと気づいたんです。エンジニアというのは自然科学の領域で、閉じた世界で論理を突き詰めていく仕事。それはそれで面白かったのですが、実際の社会というのは色々なステークホルダーが存在して複雑に絡み合い、単に優れたものを創ったからといって世の中で使われるようになるわけではない。ごく当たり前の事実なのですが、実際に働く中で改めてそのことを認識させられました。それで、世の中のさまざまな複雑な要素をうまくドライブしながら、最終的な変化の実現に繋げていく社会科学的な仕事の領域のほうが面白いのではないかと感じるようになり、自分の立ち位置を技術側から事業側に移そうと思うようになりました。そうしたキャリアチェンジの第一歩として、クロスインダストリーで多種多様な経営アジェンダに関われる戦略コンサルティングという仕事があることを知り、移籍しました。
入江
コンサルではどんなキャリアを積まれたのですか。
松村
事業戦略、マーケティング戦略の策定や、ターンアラウンド、M&AやPMIなど、幅広いテーマに関して、様々な業界の案件を手がけました。海外のコンサルタントと協業する機会も増え、自らも海外のオフィスで働いてみたいと希望し、しばらくロンドンオフィスに移籍したりもしました。また、策定した戦略のインプリまで関わっていくことも多かったので、色々なステークホルダーが絡んで想像しなかった事態が想定しなかったタイミングで起きたり、、というのも日常茶飯事でした(笑)。そういうことも含めて難解なプロジェクトをドライブして着地させるというのは、今思い返しても非常に面白い経験でした。社会科学的な領域で仕事をする醍醐味を大いに味わえたと思います。
入江
楽天に入社されたのはどのような経緯だったのでしょう。
松村
事業側でのキャリアをさらに一歩進めて、一人称で事業に関わりたいと思ったというのが大きな理由ですね。その場として楽天を選んだ理由は3つありまして、ひとつは単純に自分が楽しそうだと思えるビジネスフィールドだったから。エンジニアがキャリアのスターティングポイントだったので、何かしらの形で技術に関わっていたいという気持ちがやはり根本にはあって、なかでもネットの世界に興味を持っていました。また、コンサルタント時代にB(Business)の領域、C(Consumer)の領域、G(Government)の領域も携わりましたが、個人的にはCの領域が一番面白かった。それで“ネット×C”のフィールドがある楽天に興味を持ったのです。2つ目は、難しさを覚悟の上で「崇高なビジョン」を追い求めている企業だと思ったからです。例えば、ECでは、1st Partyとよばれるリアルの小売業をネットに置き換えるモデルの方が、よりシンプルで効率的です。しかし、楽天はエンパワーメントというビジョンのもと、4万を超える店舗をアグリゲートし、リアルにはなかった魅力的な空間を生み出しています。もちろん、このモデルはより複雑で、例えばサービスの「統一感」を出していく難易度などはより一層高まるのですが、それは百も承知の上で、社会的な意義を見出し挑んでいる、そういう姿勢に惹かれました。3つ目は、これまでのキャリアであまり経験してこなかった「何か」を、楽天という組織では経験出来そうだと直感したからです。同じ業界の他の大手企業からもオファーをいただいたのですが、楽天にはエンジニアやコンサルの世界では経験したことのない、ある意味新鮮なカルチャーや組織のダイナミズムがあると感じました。敢えて逆張りで選んだという感じでしょうか。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください