20代30代でも、経営は担える。アジアへ向けて経営者を輩出するプラットフォームを、ここで創りたい。 20代30代でも、経営は担える。アジアへ向けて経営者を輩出するプラットフォームを、ここで創りたい。

Vol.17

20代30代でも、経営は担える。アジアへ向けて経営者を輩出するプラットフォームを、ここで創りたい。

YCP Japan(旧ヤマトキャピタルパートナーズ)

代表取締役片野 大輔氏

YCPグループには、若くして経営にトライできる機会が溢れている。
入江
片野さんがYCPグループに参画して、新たに獲得された知見や能力は何ですか。
片野
いま、YCP Japanの代表取締役としてマネジメントサービス事業を率いているわけですが、提供するサービスは過去に培ってきたコンサルティング経験の延長線上にあり、その点ではキャリアに大きなジャンプはありません。一方、YCP Japanという企業を「経営」するという意味では、当然、ファイナンスや人事労務などの知識が求められ、それはこちらで新たに身につけたことです。さらに、ホールディングスで投資案件の決定に携わる際は、その事業が将来どのぐらいキャッシュを生むのかをジャッジするなど、まさに投資家として能力を要求される。それはコンサルティングとは次元の異なるものであり、代表の石田をはじめ投資のプロたちと関わるなかで、その力が磨かれましたね。
入江
片野さんの今後のキャリアビジョンをお聞かせください。
片野
私自身はやはりこの会社の経営陣として、YCPグループをさらに大きくしていきたいですね。ここには同世代で本当に面白い人間が揃っているので、彼らと一緒にもっと大きなフィールドに挑んでいきたい。そして、20代30代の若い人間でも経営はできる、ということを社会にアピールしていきたいですね。
入江
YCPグループは昨今、特にアジアにフォーカスされているようですね。
片野
はい。ここ数年はアジアへの進出を加速させていく考えです。すでに上海、香港、シンガポール、バンコクに拠点を設けています。また、投資先として中国企業の買収も果たしており、そちらにも現地に経営人材を派遣しています。アジアで日本人の経営者が多数活躍するようになれば、日本という国のプレゼンスも高まっていくはず。我々が投資し、経営にあたることで、日本はもとよりアジアの中で埋もれている良いサービスを、グローバルに展開していきたいですね。
入江
これから本格的に事業を拡大していかれるということですので、いまYCPグループに参画すれば、さまざまなチャンスが手に入りそうですね。
片野
その通りです。まだ会社そのものを創り上げているような段階ですので、早ければ早いほどチャンスは大きいと思います。特に、将来経営者になりたいと考えているコンサルタントの方は早くチャレンジしたほうがいい。ファームに5年も在籍すれば、コンサルタントとしての思考法やコミュニケーション力が身につき、ワークスタイルもだいたい確立すると思います。そうしたベーシックなスキルが養われた段階で、経営のポジションにトライすべきではないかと。
入江
そして、若くして経営のポジションにチャレンジできる機会が、YCPグループには豊富にあると。
片野
はい。経営者を志向するコンサルタントが20代で大企業に移ったとしても、その年齢では企業の意思決定に関わるのはなかなか難しい。YCPグループは、超大手企業の経営を担えるわけではありませんが、数十億から数百億円規模の企業に対して、手触り感があるなかで経営ができる。我々が築いたプラットフォームの上で、何度でもそうした経験が味わえる。そこに魅力を覚える方であれば、ご自身のキャリアを高める上でYCPグループほど格好の場はないと思いますね。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください