新しい産業を生み出す触媒的装置はベンチャーキャピタルをおいて他にない 新しい産業を生み出す触媒的装置はベンチャーキャピタルをおいて他にない

Vol.13

新しい産業を生み出す触媒的装置はベンチャーキャピタルをおいて他にない

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ

パートナー Chief Operating Officer今野 穣氏

ベンチャーキャピタリストは総合格闘家
入江
コンサルタントの経験がいまに活きていることはありますか。
今野
ベンチャーキャピタルは総合格闘技のようなところがあって、案件開拓ではネットワーキングやコミュニケーション能力が大切で、審査のときは分析力、投資した後の事業を大きくするところはコンサルティング力、売却のときは投資銀行のような能力が必要です。つまり営業、アナリスト、コンサル、投資銀行の組合せなので、すべてが一からのスタートだと厳しい。ところがコンサルタント出身者は最初のよりどころを一つ持っているわけです。また、コンサルタントは経営に関するフレームワークで物事を整理するのに長けているので、走りながら考える起業家とは相性がよいです。ただし、MBA保持者や前職がコンサルタントだからといってベンチャーキャピタリストとしてうまくいくとは限らず、過去においてはMBA取得の有無による相関関係はないですね。
入江
それはなぜですか。
今野
MBAが悪いということではなく、MBAとは別のところにパフォーマンスを上げる要因があるのだと思います。フレームワークをつかって仮説をつくるとき、情報が少ないと地に足のついていないサジェスチョンしかできません。つまり、フレームワークよりベースとなる情報に対する好奇心と、それを取りに行くフットワークのほうが大切なんです。また、ベンチャーキャピタリストは人好きである必要があります。投資は事業の目利きが大事とよくいわれますが、それ以前に投資すべき人や会社と出会い、どう信頼関係を結び、エクスクルーシブな関係にもっていけるかが極めて重要です。たとえば2年前に私がモデレーターを務めたカンファレンスで、あるネット企業でそれまでの赤字を一掃する素晴らしいサービスをつくった人と知り合い友人になりました。そして最近、「会社から役員昇格の話をもらったが独立して自分のビジネスをやりたい」という相談を退社前に受け、「創業直後の会社に出資はできないけれど、ある程度のところまできたら一緒にやろう」という話になりました。こういう関係性ができていると他社がまったく知らない案件に投資することができ、それがリターンに直結します。ピカピカの案件を持つには時間をかけ、仕事の利害関係に入る前の人間関係をつくれるかどうかにかかっているんです。
入江
投資以前の人間関係構築が重要なのですね。
今野
私は起業家が相談にきたらまだ投資するステージでなくても会いますし、好きな人を集めて飲み会をしたり忘年会を企画したりして、コミュニティづくりに力を入れています。ただ、それは単に投資するための人脈づくりだけが目的ではありません。よい人がいたら起業家候補というだけではなく、アライアンスを組む相手になるかもしれないし当社の採用候補になるかもしれません。よい人と出会うといろいろな展開があり得るんです。ただ、先に魂胆があっての人間関係は長続きしませんから結局、一人の個人として人間関係をどうつくっていくかが問われます。自分が成長しないと人脈も成長していきません。したがって、事業の目利きや分析力といった話とは別に、ベンチャーキャピタリストは常に自分を成長させ、人としての魅力を向上していくことがとても大切です。
入江
最後に、次のキャリアを考えているコンサルタントにアドバイスをお願いします。
今野
キーワードは「成長」だと思います。個人としての成長を最大化できるような仕事であるとともに、日本という国の成長に資するところで働いて欲しい。そして、ベンチャーキャピタルはまさにそんな仕事だと思います。今はPCを開けばgoogle、Facebook、Twitter等、海外のサービスばかりですが、私はここに日本のサービスを入れていきたいと思っています。大変なので安易な気持ちで入ると長続きしませんが、日本の成長に貢献する気持ちを持ち、個人としても成長することを楽しめる人は、当社に合っていると思います。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください