これまでのキャリアでこだわってきたのは『事業開発』と『成長企業』 これまでのキャリアでこだわってきたのは『事業開発』と『成長企業』

Vol.09

これまでのキャリアでこだわってきたのは『事業開発』と『成長企業』

株式会社ジンズ(旧株式会社ジェイアイエヌ)

管理本部ゼネラルマネージャー香川 憲昭氏

販売本数150万本を突破したパソコン用メガネ「JINS PC」で視力矯正を必要としない人向けの市場を新たに創出するなど、成熟市場と思われていた眼鏡の世界で躍進を続けるジンズ。執行役員の香川憲昭氏はこれまでの成長企業でのマネジメント経験や知識を活かし、同社の急成長に貢献している。
40人のベンチャーが2000人規模に成長する過程をサポート
入江
まず、香川さんのご経歴について教えて頂けますでしょうか。
香川
はい。私は新卒で当時の国際電信電話、現在のKDDIに入社し最初は法人営業を担当しました。その後、事業開発本部へ異動し、主に新規事業の企画や既に立ち上がっているグループ会社のマネジメントに関わる機会が増えました。もともと私は企業経営や事業開発に対する関心があったのですが、そこからさらに興味が強くなっていきました。折しも90年代後半で、空前のベンチャーブームが盛り上がっている頃。KDDIは素晴らしい会社ですが、私自身のキャリアを切り拓くという意味で一念発起する必要があるのではと思い、2001年にドリームインキュベータ(以下、DI)に転職し2006年末まで働いた後、2007年にジンズに転職し、現在に至ります。
入江
なぜKDDIからコンサルティングファームのDIへ転職されたのですか。
香川
ベンチャー企業の支援、及びハンズオンでお客様と一緒に事業をつくっていく経験ができそうだったことが一つ。そして自分に経営や事業開発に関する知識が足りないことを自覚していたので、仕事を通じそれを学べることの二点が主な理由です。入社時のDIはまだ未上場で社員数も20名くらいでしたが、あまり迷いはなかったですね。他に有力な選択肢として海外留学を考えた時期もあったのですが、コンサルタントとして直接お客様と向き合い、経営課題そのものと格闘する中で蓄積される知識や経験は他に代え難いと考えたのです。実際、DIでは他ではあり得ない稀有な経験ができたと思います。
入江
DIではどんなプロジェクトに従事し、どんなことを学びましたか。
香川
当時のDIはコンサルティングビジネスとベンチャー支援の両輪で回っていたので、両者の経験をまんべんなく積んでいくことが求められ、体半分は大企業向けのコンサルティング、もう半分はベンチャー支援という形で非常に多くのプロジェクトに関わりました。中でも学ぶことが多かったのは、ある有力不動産ベンチャーとのお付き合いでした。社員数40人くらいの時からお付き合いが始まり、ジャスダック上場、東証一部上場、そして社員数2000人へと成長する過程で成長段階ごとに変わっていく経営課題の解決を支援する機会に恵まれたのです。成長段階に応じて経営課題が変わり、我々もそれに対応してしっかり支援するという形で企業の急成長に伴走できたことは非常に幸運でした。
入江
DIで手がけたベンチャー支援の内容について、もう少し詳しくお聞かせください。
香川
DIでは主に経営戦略を支援することが多かったです。ただ、外部の人間が成長戦略を策定し「はい、これ」と渡しても、人材や経営資源の限られたベンチャーではうまくいきません。そうではなく私たちはお客様と共に経営課題と向き合い、共に悩みながら最終的に「こっちの方向に行くべきである」と戦略づくりのプロセスを共にするスタイルでプロジェクトを進めていきました。そうすると結果的に現場を引っ張っているリーダーの皆さんが結論に納得感を持ちやすくなるわけです。また、ベンチャーの強みはトップの号令一下、みんなが一つの方向へ走っていくことで、一時期はその強みによって成長ステップを一気に駆け上がることができます。しかし、ある程度規模が拡大するとその強みが弱みに転じるフェーズがやってきます。トップの号令で動いてきた組織はたいてい「上からの命令を待っていればいい」という行動様式になってしまうのです。それを防ぐには自分の頭で考える人を増やすとともに、同じビジョンに向かって航海する仲間になってもらう必要があります。個々人が勝手な方向に向かっては組織がバラバラになってしまいますから。そうしたサポートをすることがベンチャー支援プロジェクトでは多かったですね。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください