私がコンサルティングファームで学んだこと、アマゾンのマネジメントで実践していること。 私がコンサルティングファームで学んだこと、アマゾンのマネジメントで実践していること。

Vol.03

私がコンサルティングファームで学んだこと、アマゾンのマネジメントで実践していること。

アマゾン ジャパン株式会社

バイスプレジデント メディア事業部門長渡部 一文氏

アマゾン ジャパンの渡部一文バイスプレジデントは住友電工からベイン・アンド・カンパニーへ転職しコンサルタントとして活躍した後、GE、そしてアマゾン ジャパンへと再び事業会社に移った経歴の持ち主である。メーカーからコンサルティング会社へ、そしてコンサルタントから事業会社のマネジメントへという転身に成功した要因は何だろうか。
コンサルティングファームへの転職者が直面する壁を乗り越える
入江
渡部さんは住友電工時代にアメリカでMBA留学を経験し、帰国後しばらくしてベイン・アンド・カンパニーに転職されています。事業会社からコンサルティングファームに移られた経緯はどのようなものでしたか。
渡部
エンジニアだった私は、留学後はある事業部の企画担当になり、事業計画の立案などに加えて、海外工場進出や提携などさまざまな国際交渉にも携わりました。そのなかで、ある韓国企業に技術供与をする仕事を担当し、韓国へ出張する機会がありました。交渉相手はその韓国企業の社長と、技術パートナーであるイギリス企業のシニア・バイス・プレジデント。交渉相手の二人はディシジョンメーカーであるのに対し私は決定権のない立場でしたので、二人からその場で決断を求められても、立場上即決できませんでした。後日稟議書を書いて社内に回し、承認印をいくつももらった後でないと返答できなかったわけです。
そこで上司に「なぜ即答できる人間を交渉に送り込まないのか。これでは対外的な信頼を得られない」という話をしたところ、上司からは「20年待て。その頃、あなたは部長になっているかもしれないし、稟議書もいらなくなっているかもしれない。」と言われました。その答えを聞いて「20年は待てないな……」と思ったのが転職を考えるきっかけになりました。国際交渉の場に平社員である私を送り込んでくれたことにはとても感謝していますが、意思決定に長い時間がかかることと、自分が経営に携われるまでに非常に長い時間がかかると気付いたときに「じゃあ、どうしようか?」と考え始めたのです。
入江
メーカーからコンサルティング会社への転職はスムーズにいきましたか。
渡部
自分のなかにそもそもコンサルティングとは何かとの理解があまりなかったので、それはもう大変でした(笑)。当時は、たとえば9時から5時までお客様のところへ行き、その後自社オフィスに戻り、マネージャーから「今日の話をまとめ、分析を行い、先方に提案する内容を明日の朝9時までに20頁位で書いておいて」などと指示されることがあるわけです。しかし、何をどう分析すれば短時間で答えに行き着くのか知らないし、そもそも何を書けばよいのかもわからない。何も書けないまま0時が過ぎ、結局朝3時まで何も書けずにあきらめて帰宅する。当初はそんな日がよくありましたね。その頃は「首になるかも……」と暗い顔をして歩いていたかもしれません。
入江
そんな苦境をどうやって脱したのでしょうか。
渡部
少しずつ蓄積が増えたことが大きかったと思います。どういう状況でどんな分析を行い、どんなファクトがあれば「こういう仮説があり、それを証明できた」と言えるのか、実践を重ねるなかでだんだんわかってきました。コンサルティング会社ではまず仮説をつくり、それをイシューツリーと呼ばれる作業レベルの構成要素に要素分解します。それに基づいて構成要素ごとに作業計画を立て、実際の仕事を進めていきます。作業を進める中で、それまでの仮説を覆す新しい事実を発見すれば、仮説そのものを改訂して行きます。メーカー時代はいろいろな可能性をしらみ潰しに分析し、「この方法が一番良さそうだ」というアプローチをとっていました。恐らく私はメーカー時代の感覚が抜けないままコンサルティングの世界に入ったため、「なぜすべてのファクトにあたっていないのにこの仮説が正しいとわかるのか?」という違和感がありました。その頭の切り替えにものすごく時間がかかったのかもしれません。その頃がキャリアで一番ストレスの大きい時期でした。毎日二時間か三時間くらいしか寝ていませんからね、ずっと考え続けていて。夢のなかで解決策が浮かぶのですが、目覚めたら何も覚えておらず「あれはいったいなんだったんだ!?」と一生懸命思い出そうとしたり。そんな時代でした。
入江
最初は大変なご苦労だったようですが、コンサルティング会社には6年在籍されています。メーカーとの違いを乗り越えてからのお仕事はいかがだったでしょうか?
渡部
メーカーにいたら20年後、30年後にしかできない経営に関わるディシジョンメーキングを、レコメンデーションのレベルですが毎日のように行い、大企業のトップや事業部長クラスにご提案する仕事はあまりできないことだと思いますし、一緒に仕事をさせていただくクライアント側のカウンターパートの方たちも社内で特に選抜された優秀な部長さん達でしたので、緊張感あふれる大変刺激的な環境でした。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください