投資ファンド、企業再生、中国ビジネス――常に時代の先端を行く仕事ができる理由とは? 投資ファンド、企業再生、中国ビジネス――常に時代の先端を行く仕事ができる理由とは?

Vol.02 後編

投資ファンド、企業再生、中国ビジネス――常に時代の先端を行く仕事ができる理由とは?

シティック・キャピタル・パートナーズ・ ジャパン・リミテッド

日本代表中野 宏信氏

エンジニアからMBA留学を経てキャリアチェンジし、日本における黎明期の投資ファンドや更生会社の経営者、産業再生機構などを経て現在、中国系ファンドの日本代表を務める中野宏信氏。その時々の時代における先端的な仕事ばかりできる理由は、果たしてどこにあるのだろうか。
中国系ファンドへ移った理由
丸山
再生産業機構で多くの企業再建に取り組まれた後、2007年に中野さんは中国系のシティック・キャピタル・パートナーズ・ジャパン・リミテッドの日本代表に就任されました。就任はどういう経緯で決まりましたか。
中野
丸紅さんがシティックの日本ファンドの投資家の一つなのですが、丸紅さんはアドバンテッジパートナーズのパートナーでもあり、アドバンテッジがファンドを始めるときのキーマンになった人がいます。その方からシティックを紹介されました。
丸山
アドバンテッジ、産業再生機構、シティックとすべて人のご縁で動かれているのですね。シティックに関しては当初、どのような印象を持たれましたか。
中野
最初は断るつもりでした(笑)。プライベートエクイティはすでに競争が激しくなっていたので、これから参入しても難しいと思ったのです。しかしお世話になった方のお誘いだったので、会わずに断るわけにはいきません。で、とりあえず一度お会いしてみたら「もう少し話を聞いてみよう」と考え直しました。
丸山
中国最大級の金融・産業コングロマリットであるシティック・グループの力を活用すれば、投資した企業の業績を中国マーケットで伸ばす、というかけ算ができるからですか。
中野
そうです。最初は中国のファンドと聞いて「私は中国に縁もないし中国語もできないし…」と思っていたのですが、日本企業が今後成長するためには中国市場が必要です。それに、実際にお会いしてみるとトップの人柄、見識、哲学もしっかりしていました。欧米系のファンドでは日本の事情を理解しようとせず、自分たちの成功体験を押しつけてくることがよく起こりがちですが、シティックのトップの二人は日本で働いたことがあり、「日本はこういうところだから、しっかりした日本人に任せたほうが成功する」という考えを持っていました。その方針は正しいし、私に任せてもらえるならやりがいもあります。もしうまくいかなかったとしても中国とご縁ができて、自分の活動の場を広げられれば将来も何とかなるでしょう。だったら失敗しても「ま、いいか!」と思いました。経営者は失敗したときのシミュレーションをしておくことが大事ですからね(笑)。
丸山
産業再生機構のコンサルタントからファンドに移って苦労したことはありますか。
中野
シティックの投資戦略にはコンサルタントのバックグラウンドがぴったり合います。ファンドによってはファイナンスやリーガルに重きを置くところもあります。レバレッジを大きくかけて、大きなリターンを狙うファンドが流行った時代もありました。しかしシティックのやり方はしっかり事業の素質を見て健全な会社に投資し、中国で業績を伸ばしてなおかつ日本の業績も改善し、リターンを得るというものです。そこでは事業や経営を見る目、企業の業績を伸ばすノウハウ、マネジメント力が重要なので、コンサルタントの経験が役に立つのです。

※インタビュー内容、企業情報等はすべて取材当時のものです。

この企業を指名して転職支援を申し込む この企業を指名して転職支援を申し込む
interview backnumber
バックナンバーを選択してください