コンサルタント転職のこぼれ話
どうすれば幸せで充実した人生を送れるか?

2017年 2月 20日Author:永田 憲章

どうすれば幸せで充実した人生を送れるか?

イノベーション・オブ・ライフ
ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ
 
という書籍をご存知でしょうか。
 
ハーバード・ビジネススクールの看板教授である
クレイトン・M・クリステンセン氏が、
「どうすれば幸せで充実した人生を送れるか」というテーマで
2010年の卒業生全員に向けて授業を行い、
その内容が共著者とともに加筆・書籍化されたものです。
 
本書を読み進めていくうちに、
コンサルタントの皆さまに是非ご覧いただきたい内容と感じましたので、
今回のブログで紹介いたします。
 
 
本書は、『世界中の組織によって徹底的に検証・活用されてきた理論』を
『人生に役立てる』という構成で書かれており、コンサルタントの方々にとって
馴染みやすい内容ではないかと思いました。
 
また、本書では
・幸せなキャリアを歩むにはどうしたらよいか?
・家族や友人との関係をどのように育むか?
・誠実な人生を確実に送るにはどうすればよいか?
が語られています。
 
私がコンサルタントだった頃を思い出してみると、
日々の仕事に追われて考えることもなかったテーマですが、
そんな当時の自分に贈りたいと強く思える書籍でもありました。
 
 
少しだけ内容をお伝えすると、例えば、キャリアに関する章では
仕事には「動機づけ要因(仕事への愛情を生み出す要因)」と
「衛生要因(少しでも欠ければ不満につながる要因)」があり、
報酬は、動機づけ要因ではなく衛生要因に含まれる
 
という理論が書かれています。
 
クリステンセン教授は、この理論をレンズにして、
「この世の春を謳歌しているように見える人たちが、
意図的な選択をするうちに、やがて満たされない思いを持つようになる」
のはなぜかを洞察していきます。
 
更に、動機づけを与えてくれ、衛生要因を満たすキャリアを
どのように見つけていくかについても指針を与えてもらえます。
 
 
クリステンセン氏自身もハーバード・ビジネススクールの卒業生であり、
同級生や数多くの教え子のキャリア・人生を見続けているからこその洞察には
様々な学びや気づきがあります。
 
読むべき価値のある一冊と思いますので、是非ご一読ください。
AUTHOR