コンサルタント転職のこぼれ話
給料を気にせずに好きな仕事をする為には

2016年 11月 18日Author:入江 祥之

給料を気にせずに好きな仕事をする為には

弊社代表の丸山が『嫁ブロック』と言い始めてから数年経ち、たくさんのメディアで取り上げられるようになり、意外なところでも『嫁ブロック』を聞くようになり、驚くことが増えました。これは現代の社会現象をよく現しているからかもしれません。
 
『嫁ブロック』を知らない人も多いと思いますので、簡単に説明すると、夫の転職に妻が反対して、転職できなくなるというものです。反対の理由で一番多いのが給料です。
その他の理由では、安定性や知名度などもあります。
 
特にコンサルタント職の方が事業会社に転職する場合、年収ダウンになることが多い為、嫁ブロックが発生する確率が高いです。従って、私は年収が下がる可能性が高い場合は、事前に奥様とは相談されていますか?、奥様の理解は得られていますか?、と確認するようにしています。
 
私がこれまでに関わってきた数少ない統計にはなりますが、『嫁ブロック』は特に専業主婦に多い傾向があります。これは奥様が働いていて共働きであれば世帯年収が高いと言うこともありますが、それよりも企業で働くことを通じて会社や仕事の本質を奥様自身が肌身で感じているということも挙げられます。
 
一昔前であれば終身雇用で年齢と共に年収が上がり続けていたので、家計を守る奥様もそれほど気にすることではありませんでしたが、終身雇用が崩壊し、何が起こってもおかしくない世の中になったので、奥様もきちんと家計を守らなければならないという意識が強くなっていることも一因となっていると思います。
 
ただ、報酬を気にしながら嫌々仕事を続けることは良い状態ではありませんし、そのような状態で仕事をしていては成果が伴うわけもなく、その結果年収も上がらずに悪いスパイラルに陥ってしまいます。
 
では、どうすれば嫁ブロックを回避できるのか?
 
・前もって家族会議をしっかり行っておく
・未婚であれば、結婚する前にきちんと話し合っておく
・生活水準を上げ過ぎない
・共働きを推奨する
※奥様を心配させないだけの圧倒的な報酬を得る(これができればベストですが・・・・)
 
最近では働き方改革が叫ばれているので、少しずつワーキングマザーが増えて、今の世の中に適したライフプランニングをする家族が増えていくと思いますが、報酬面がネッ
 
クでやりたい仕事ができないのは辛いので、好きな仕事をやり続けたいのであれば、定期的に家族会議を行っておくことはとても大事だと思います。
 
また先日、ある経営者が、最近リスクを考える人があまりにも多くなってきた、というお話をされていました。私もまさにそうだと思いました。能力があるのにリスク(特に報酬面)を気にしすぎて飛び出せない人が多く、残念な思いをすることが多々あります。
 
転職をして成功している人は大抵の人が一度は大きなリスクを取ってチャレンジをしていることがほとんどです。右肩上がりで一直線に報酬が上がっている人は少数です。自分の可能性、選択肢を狭めない為にもリスクを取れる状態をしっかり作っておくことをオススメします。また、そもそも自分自身が奥様を説得するだけの熱い想いや強い覚悟があるかどうかも大事なポイントになるかと思います。
AUTHOR

blog キャリアコンサルタントのこぼれ話

パブリシティ

世界157カ国にグローバルネットワークを持つ巨大ファームが、ディールアドバイザリー部門において新しいビジネスを生み出し、リードするディレクター、シニアマネージャー職を募集