コンサルタント転職のこぼれ話
士業の資格取得よりもコンサルティング実務の方が有効?

2016年 1月 12日Author:入江 祥之

士業の資格取得よりもコンサルティング実務の方が有効?

こんにちは。入江です。
 
士業は「手に職」と言われていることが多く、「手に職」があると食いっぱぐれることがなく、安定したキャリアを歩むことができるという話をよく聞きます。
 
代表的な士業は以下の通り。
 
弁護士、税理士、弁理士、公認会計士、司法書士、一級建築士、不動産鑑定士、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士、ファイナンシャル・プランニング技能士、土地家屋調査士、等
 
確かに上記の中でも、特に、弁護士、税理士、弁理士、公認会計士、司法書士、一級建築士、不動産鑑定士などは、この資格を保有することで職に困ることはなさそうです。
 
一方で、最近、コンサル経験者を求める人材ニーズが非常に強くなっているように感じます。業界は問わず、仕事内容も経営企画、事業企画、投資・M&A、マーケティング、ファイナンス、社内IT、人事など多岐に渡ります。腕利きのコンサルタントであれば即役員として登用されるケースもあります。
 
実際、コンサル経験者の転職を支援する際に、求人をご紹介できないと言うことはまずありません。また、成長企業と言われる会社の経営幹部にはコンサル経験者が沢山いらっしゃって、コンサルファームのアルムナイの人脈は非常に貴重なものだと思います。直接の知り合いではなくても、コンサル経験者というだけで一定レベルの安心感があり、面接の場面でもコンサル経験者同士であれば、共通言語で話をすることができて、通過率も高い傾向にあります。
 
最近は減ってきましたが、キャリア相談の際に、「転職を検討しているのですが、やはり何かしらの資格を取っておいた方が良いでしょうか?」というご質問をいただくことがありますが、資格を取得するよりも若いうちにコンサルを経験しておくことの方が職に困ることはないのではないかと感じることがあります。また、キャリアの幅も大幅に広がるため、現時点でやりたいことが明確でない場合、汎用的な基礎スキルを高いレベルで身に付けることにも有効です。
 
AUTHOR