コンサルタント転職のこぼれ話
コンサルティングファームの愉快な仲間たち

2015年 12月 21日Author:永田 憲章

コンサルティングファームの愉快な仲間たち

これまでのブログでは、コンサルタントになると得られることが多くあるとお伝えしてきましたが、
実際のところ、巨大なプレッシャーと戦い続ける仕事でもあります。
そんな厳しい環境で大きな支えとなるのは同期やプロジェクトを共にする同僚です。
 
 
コンサルティングファームに集う人達はユニークな方が多く、
当時、私がご一緒させていただいた方々もご多分に漏れずユニークでした。
 
私の同期の卒業後は、起業・事業会社・他コンサルティングファーム・
弁理士・政府系特殊会社・人材系・家業を継ぐ、など多種多様で、
この話を例にとってみてもユニークであることが伝わるかと思います。
 
 
「ユニーク」という言葉をチョイスしましたが、実際のところは
「愉快」のほうが適切な言葉かもしれません。
 
同期や同僚から聞く、ここには書けない数多くの武勇伝に何度も笑わせてもらいましたし、
仕事以外の面でも刺激に富んだ日々を過ごせていたからこそ、
タフな局面が訪れたときに乗り越えることができたと感じます。
 
 
コンサルティングファームに集う人達の特徴をもう1つ挙げるとすると
ディスカッションが大好きです。
 
日々の業務はもちろんのこと、ランチ、上司との仕事終わりの一杯、
プロジェクトの打ち上げ、同期会など、いつでもどこでも鋭い突っ込みが入りますし、
各人のユニークさも相まって議論がどんどん展開していき、
時に意外な結論を生み出すこともあります。
 
 
皆さんも、愉快な仲間たちとのディスカッションを楽しんでみませんか?
きっと、1+1が3にも4にもなるような経験を得られるはずです。
AUTHOR